うさにゃん日記

マロニーのこと

b0075229_14274016.jpg

マロニーが現れたのは、一昨年の夏のこと。
突然、といった感じでごはんをもらいに来たのである。
首の後ろが、ざっくりと割れ、正直言って、
「良くまぁ、これで暮らしている」と驚くほどの怪我だった。
喧嘩傷が化膿してパックリ割れた、という感じだったのだと思う。
これは、エイズか白血病のいづれか、もしくは両方に確実に感染しているのではないかしら、と思った。
しかし、まったく触れない子で、病院に連れていくことはできなかった。
そして、夏の間に傷も癒え、ごはんをもらいに来る日が続いていた。
ちょうど、保護したジョニーやゴマたちの兄弟を捕獲して去勢しようとした捕獲器に、一昨年のクリスマスの日にかかって去勢しリリースした。
それからしばらくして…
どんどんやつれ、ボロボロの状態になってきた。
エイズか白血病の発症だと、思われた。
それでも、懸命に生きていた。
近所の猫友Iさんの家のお庭に猫ベッドを置いてもらい、そこで寝起きしていた。
Iさんも、私も、何か食べられるものはないか、とにかく探して、少しでもいいからと食べさせた。
この写真は今年の1月18日のものである。
もう、絶え間なくよだれが出て、もちろん、毛づくろいもできないから、毛並みがバサバサでドロドロの状態だった。
それでもがんばって生きていた。
先月末、何日かぶりに顔を見せたのだが、何も食べなかった。
ただ、じっと私の顔を見ていた。
まるで挨拶に来ているみたい、と私は感じた。
それからひと月ほど、まったく顔を見せなくなったので、すごく気になり、Iさんに連絡した。
「5月3日の早朝になくなりました。
 それでも、前々日までは、うちの前の駐車場で寝そべったりしてたの。
 前日からは、さすがに何も食べられなくなって、いつものベッドで寝ている時に、絶対に触れない子だったんだけれど、その時は触れて、ニャーニャー、微かに2回鳴いて。
 翌日早朝、気になったので見に行ったら、前の晩の姿のままで眠るように死んでいたわ。
 お湯のタオルで拭いてあげたら、きれいに、本当にかわいくなってね。
 このへんの人は猫好きが多かったから、ボロボロの子だからといって、石をぶつけて追い払うような人はいなかったし、何か食べられるものはないか、とあれこれ食べさせる人が何人もいたから、ああいう状態の子にしては幸せだったかもしれないわね。
 もちろん、霊園の動物火葬に持っていったから。」
 ということだった。
 うちでは、マロニーと名付けてごはんをやっていた雄猫。
 触れないから、保護に踏み切れなかった子。
 今度生まれて来る時は、幸せになってほしい。
 ヘンリーの時もそうだったが、野良猫を幸せとは、どうしても思えない。現在の都会の環境はそんなに優しくない。病気も蔓延している。
 それなのに、捨てる人がたくさん存在する。
 せめて一代限りと避妊や去勢をしても、長生きはできない。
 悲惨な最期が多い。
 いつも、いつも、苦しむ子たちを見ながら、自分の限界を感じている。
 こんな写真でも、たった一枚の写真。
 マロニーのこと、私は忘れない。
 また、いつか、どこかで、きっと会おうね。
 その時は、発症する前の、なんだかお茶目な柄の、ふっくらした猫に戻っていてね。
[PR]
by kishibojinn | 2013-05-27 14:59 | ねこ
<< シロタ ふたたび 近況報告 >>



犬一匹と猫12匹の楽しい暮らしぶり
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
おともだちリンク
最新のトラックバック
どんぐり
from 杏日記
湖東三山秘仏本尊ご開帳
from ぶらり旅
瓜実条虫
from 猫生活?
室内飼いの猫(ネコ)
from ブログで情報収集!Blog-..
熊野三山
from 世界遺産の旅
安楽死?
from 杏日記
真実を知って下さい!(2..
from ジャック et 叶恵
殺処分方法の改善を!(署..
from ジャック et 叶恵
無知の罪
from 杏日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧