うさにゃん日記

吉次郎 今昔

①やって来た頃
b0075229_2143529.jpg

 ぶちを探していたら、間違えて保護されたのが、吉次郎(通称 きち)。
 「この子でしょう?」
 と渡されたダンボールの中に、3ヶ月ぐらいのきちが入っていた。
 成猫だったら、たぶん、
 「ごめんなさい、違っていました」
 と放してしまっただろうと思う。
 でも、子猫を冬に向かいつつある外へ捨てることが、私にはどうしてもできなかった。
 「私ってバカ~」と言いつつ、その足で獣医さんへ行って、健康診断をしてもらった。
 獣医さんも呆れただろうと思う。
 耳ダニがいたため、隔離して飼い始める。
 この写真は、耳ダニ退治も終わって、ネコ小屋で暮らし始めた頃のものである。

②ぶちと並んで
b0075229_2144362.jpg

 「きち」は、「ぶち」のことを、初めて見たときから、好きだった。
 お医者さんの帰りに逃走し、迷って、無事、奇跡の生還を果たした「ぶち」は、感染症などの心配がなくなるまで、隔離部屋のケージにいた。その隔離部屋にいたのが、「きち」。
 「ぶち」が隔離部屋に入ってから以降は、「きち」は不安から鳴き叫ぶ、ということもなくなり、ネコ小屋へも「ぶち」と一緒に入ったから、全然不安がなかったようだ。
 この写真の頃は、「ぶち」と並ぶとまだまだ小さかった。

③いたずらっ子
b0075229_21441468.jpg

 「きち」は落ち着きがない。
 それほど広くないネコ小屋を全速力で走り回ったりする。
 体当たりして、にゃんこタワーの柱を折った。
 すぐに、物をかじってボロボロにする。
 冬の間、「きち」のケージの中のダンボールに衣類を入れたり、カイロを入れたりしたら、衣類は食べられ、カイロはバラバラにされ・・・ととにかく病院行きになりそうな事態となったので、結局、何も入れてもらえなくなった。
 今は、先住猫たちに遊んでもらいたくて、タックルしては叱られ、嫌われている。

④大きくなったね
b0075229_21442556.jpg

 最近、もう他の子と比べても、それほど差がなくなっている。
 でも、気持ちが幼くて、やんちゃで、あまり良いところはないかもしれない。
 ネコ小屋で一番上背のある、「ボン」ちゃんと一緒に。
 
[PR]
by kishibojinn | 2006-05-17 22:13 | ねこ
<< 明日から高野山 植物を育てる >>



犬一匹と猫12匹の楽しい暮らしぶり
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
おともだちリンク
最新のトラックバック
どんぐり
from 杏日記
湖東三山秘仏本尊ご開帳
from ぶらり旅
瓜実条虫
from 猫生活?
室内飼いの猫(ネコ)
from ブログで情報収集!Blog-..
熊野三山
from 世界遺産の旅
安楽死?
from 杏日記
真実を知って下さい!(2..
from ジャック et 叶恵
殺処分方法の改善を!(署..
from ジャック et 叶恵
無知の罪
from 杏日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧