うさにゃん日記

史料が読めない~!

b0075229_2233075.jpg

本堂にあった、小さな大日如来像(つい最近まで、私はその存在も知らなかった)。
木製の厨子の開かずの扉をあけると、その中からすばらしい厨子が現れた。
が、あちこちが壊れていたので、修理に出した。
すると・・・厨子の台座から「願文」が出てきてのだ。
万治二年 亥 正月吉日 の日付・・・・って、いつ?
西暦1659年。
5代将軍綱吉の時代。尾張徳川家は、2代光友の時代である。
約350年前の願文であった。
主文は「アビラウンケン(原文は梵字で書かれている) 万民快楽息災」
でも・・・施主とか、いろいろ書いてある点がよくわからない。
もちろん、草書で書かれているので、読めないのである。
もし、施主が観喜院(2代尾張藩主の母)なら、かなり初期から、尾張徳川家とのつながりがあったということだと思うのだが、さて。
やはり、徳川美術館に併設されている文庫でいろいろ調べて、ついでに、学芸員の人にいろいろ聞こう・・・と思った。
[PR]
by kishibojinn | 2006-08-02 21:25 | その他
<< これは何? さちこ 脱走! >>



犬一匹と猫12匹の楽しい暮らしぶり
カテゴリ
全体
ねこ
うさぎ
その他
動物いろいろ

自然

料理
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
おともだちリンク
最新のトラックバック
どんぐり
from 杏日記
湖東三山秘仏本尊ご開帳
from ぶらり旅
瓜実条虫
from 猫生活?
室内飼いの猫(ネコ)
from ブログで情報収集!Blog-..
熊野三山
from 世界遺産の旅
安楽死?
from 杏日記
真実を知って下さい!(2..
from ジャック et 叶恵
殺処分方法の改善を!(署..
from ジャック et 叶恵
無知の罪
from 杏日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧