うさにゃん日記

美しき壇引布 その2

毎日、暑いです。
お施餓鬼会の準備をしています。
今日は、
「施餓鬼壇にどの壇引布を使うのか、選んで」
と弟に言われたので、
やはりこの布を!
一年に一度の目の保養とばかりに出してみました。

b0075229_20551675.jpg

牛車の模様の拡大
b0075229_20561499.jpg


b0075229_20564448.jpg

牛車の模様の拡大
b0075229_20572176.jpg


これは、もともとが夏用(つまり、今頃)の着物なので、
施餓鬼会しか使えません。
この布のみは、
「安政6年に作った」
「(尾張徳川家)11代斉温公 ご寄進」
ということが記録として残っています。
私は、源氏物語の「野の宮詣で」の意匠だと思って眺めています。
でも、11代はお国入りもせず(つまり、名古屋の地を踏むことはなかったのです)江戸で21歳で死んだということですし、(ハトの飼育に血道をあげていたバカ殿、という評価もあります。かの、子だくさん11代将軍の息子を押し付けられた形のよそ者藩主でした)本当に、斉温公のご寄進なのか、と疑問です。
12代の方が趣味人として名が通っていましたし、彼の奥方連のご寄進、という方がぴったりだと思ったりするのですが・・・。

それにしても、刺繍のすばらしいこと。
また、呉服屋さんに言わせれば、友禅の部分がすばらしい、ということです。
刺繍のために色はつけていないけれども、その草の様子や菊の花の中の筋など、ものすごい技術、なんだそうです。
さすが大名に納められたものですね。

着物のままなら、明治にでも散逸してしまったかもしれませんが、
壇引布にするために着物を裁ってしまってありましたし、汚れもありましたから、現在に伝わっているのだと思います。
[PR]
by kishibojinn | 2006-08-15 20:57 | その他
<< 鈴虫 初鳴き 残暑お見舞い申し上げます >>



犬一匹と猫12匹の楽しい暮らしぶり
カテゴリ
全体
ねこ
うさぎ
その他
動物いろいろ

自然

料理
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
おともだちリンク
最新のトラックバック
どんぐり
from 杏日記
湖東三山秘仏本尊ご開帳
from ぶらり旅
瓜実条虫
from 猫生活?
室内飼いの猫(ネコ)
from ブログで情報収集!Blog-..
熊野三山
from 世界遺産の旅
安楽死?
from 杏日記
真実を知って下さい!(2..
from ジャック et 叶恵
殺処分方法の改善を!(署..
from ジャック et 叶恵
無知の罪
from 杏日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧