うさにゃん日記

海に捨てる???

気持ちが滅入る話ばかりで、嫌になる。

鈴鹿(三重県鈴鹿市)で、子猫5匹が箱に入れられ、海に捨てられていたそうだ。
拾った男子学生がネット(ミクシィ)で里親募集をしていた。

そうかと思うと、下関港で、100匹以上の子猫の死体が見つかった。
昨年、一昨年と子猫の死体が何十匹も見つかっていたのと同じ場所だそうだ。
誰が、いつ捨てたのかはわからない。
100匹以上という数の多さに、さすがに警察が動いたようだが・・・
犯人が見つかるとは思えない。

↑の新聞記事のコピペです(著作権は、毎日新聞さんにあります)

子猫死骸:漁港内に100匹以上…昨年以前も 山口・下関 
 山口県下関市の下関漁港内に100匹を超える子猫の死骸(しがい)が大量に捨てられているのが見つかり、県警下関署が廃棄物処理法違反と動物愛護法違反の容疑で捜査している。

 調べでは、投棄現場は下関市街地と彦島に挟まれた下関漁港内の船だまり。3月上旬、漁港関係者が岸壁近くに大量に浮かぶ包みを発見、開けると子猫2匹の死骸が入っていた。

 目撃者の男性(57)によると、包みはいずれも白いタオルとビニール袋で覆われ、ガムテープでとめられ、1包みに2体入っていた。包みが約30個入った段ボールも2、3箱あり、死骸は百数十匹に上るとみられる。同30日に届け出を受けた下関署は27匹を回収。いずれも、生後1カ月程度で目立った外傷はなかったという。

 船だまりは小型漁船が常時20隻ほど係留されており、昼間は漁業関係者がよく行き来するが、夜はほとんど人通りがないという。

 昨年、一昨年にも数十匹投棄されていた。今年は数が多いため届け出た。近くの県漁協伊崎支店の丹田洋市・運営委員長は「段ボール箱があまり水を吸っていないことから、誰かがこの場に捨てたのではないか。タオルも新しいため供養の気持ちも感じるが、誰が何のためにこんなことをしたのか」と困惑している。【新里啓一】


子どもが生まれて困るなら、避妊をしてほしい。
いや、避妊をしろ!と声を大にして言いたい。
生まれた・・・困った・・・川や海に捨てる・・・って、昭和20~30年代じゃないんだから。
(そのぐらいまでは、そういう話は、普通にあった。犬猫の獣医さんがいなかった時代の話である)

まぁ、そう言ってわかる人間ばかりなら、
何十万という犬猫などが処分されないのだろうが・・・。

あぁ、明るい話題がほしい。
[PR]
by kishibojinn | 2007-05-08 22:04 | ねこ
<< グレート・デン騒動 消されてしまった命 >>



犬一匹と猫12匹の楽しい暮らしぶり
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
おともだちリンク
最新のトラックバック
どんぐり
from 杏日記
湖東三山秘仏本尊ご開帳
from ぶらり旅
瓜実条虫
from 猫生活?
室内飼いの猫(ネコ)
from ブログで情報収集!Blog-..
熊野三山
from 世界遺産の旅
安楽死?
from 杏日記
真実を知って下さい!(2..
from ジャック et 叶恵
殺処分方法の改善を!(署..
from ジャック et 叶恵
無知の罪
from 杏日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧