うさにゃん日記

カテゴリ:うさぎ( 8 )

お疲れさま

b0075229_23361944.jpg

「うさにゃん日記」というぐらいで、
うちには、うさぎも居ました。
その最後の一羽、ふゆが、今日の未明、ひっそりと息を引き取りました。
9歳でした。
1月ぐらいから、完全に寝たきり状態になり、
衰弱の一途を辿っていました。
体重が1キロを割り、立夏より軽くなり、かといって、対症療法しかなく、
本当に手の施しようがありませんでした。

生まれてすぐ足に障害ができて、
処分される運命の子でした。
もちろん、一生、足は不自由でしたし、変形したままでした。
それでも、飛んだりはねたりを彼女なりにしていました。

「今度は三毛猫に生まれかわって、またうちへ来てくれない?」と
語りかけました。

闘病、大変だったよね。
お疲れさま!
またいつか、きっと会おうね!
[PR]
by kishibojinn | 2011-06-24 23:36 | うさぎ

見たニャ

b0075229_1551150.jpg

何日も雨が降って、ずいぶん肌寒い日々でしたから、
久しぶりのお陽さまが、
と~っても嬉しかったんでしょうね。
とらは、サッシのガラス越しに「お陽さま、お陽さま」と
なごんでいたみたいです。
カーテンで見えなかったので、
「何してるの?」とのぞいたら、驚いて振り向きました。
[PR]
by kishibojinn | 2009-05-08 15:05 | うさぎ

春の別れ

b0075229_2225117.jpg

今朝、うさぎの茶々が旅立ちました。
昨日の朝まで、すごい勢いでごはんを食べていました。
夕方、具合が悪そうだったので(今までも何度かそういうことがありました)、
明日までに良くならないようなら、獣医さんへ連れていこう、と思っていました。
でも、今日、朝ごはんをやりに行ったら、もう、すっかり硬直していました。
あまりにも急なことだったので、「まさか…」とさわった時、
その冷たさと固さにうちのめされました。
それから、どっと後悔が押し寄せてきました。
もし、昨日、獣医さんへ行っていたら、もう少し生きていられたのではないか…と。
せめて、春の花々がたくさんお供できたことが、良かったでしょうか。
茶々、今はきっと元気に走りまわっていますよね。
また、どこかで会おうね。
[PR]
by kishibojinn | 2009-04-03 22:25 | うさぎ

かなり回復

まだまだ油断はできないけれど・・・

うさぎの茶々は、ずいぶん回復しました!

大喰らいで定評がある(?)茶々がしおらしく、ごはんを残していたので、
「あぁ、回復できるのだろうか・・・」と
心配していたのですが・・・。

一昨日の夜あたりから、食欲が回復してきた・・・
と思ったら、昨日の朝見たら、元気になって
自分の脇の包帯をはずして、抜糸してました。
「あ~、脇に穴が開いている!!!」と
あせって獣医さんへ行って、縫いなおし。

昨日から食欲が出て
わしわし・・・って感じで食べるようになったので、
回復傾向になっていると思います。

抜糸までがんばってほしい・・・です。
[PR]
by kishibojinn | 2007-06-19 22:21 | うさぎ

開腹手術  茶々

うさぎの茶々が、
ひどい下痢になった。
(原因は、二十日だいこんの葉を与えすぎて、腸内細菌のバランスが崩れたことだと思う)
うさぎにとって、下痢は命にかかわる病気なので、獣医さんへ行く。
いつもうさぎを診てもらっている病院が臨時休診だったので、
ずっと前、一度だけ吉次郎を診てもらった病院へ。
スタッフが増えていて、女性(私好みの知的美女・・・)の獣医さんが
担当医となる。

検査の結果、何かがお腹にできていることも判明する。
うさぎは、麻酔をかけると死んでしまうこともよくある動物なので、
「お腹を開けるより、対症療法を・・・」
と言って何日か治療しているうちに、出血が始まる。
このまま出血が続けば、衰弱死の可能性もある。
かといって、開腹手術も、そのものが死亡原因になり得る。

さて・・・
どうすべきなのか。
いろいろ悩んだが、まだ高齢でもないので、下痢が回復してきて残存体力のある今、
開腹手術をすることを決意する。

というわけで、本日(16日)、開腹手術。
やはり、子宮に何かできていた。
手術は成功したが、果たして茶々は、手術のストレスから生還できるのだろうか。
ここ何日間かは、目が離せない。
[PR]
by kishibojinn | 2007-06-16 22:35 | うさぎ

くりちゃん かなり回復

かなり回復しました~ くりで~す
b0075229_16423039.jpg
b0075229_16424518.jpg


くりちゃんの容態は、だいぶよくなりました。
首の傾きは少し残っていますが、ごはんもよく食べるし、元気です。
薬も量が半分に減りました。
後遺症は残っても、普通の生活ができるなら全然かまいません。
見た目なんて、どうだっていいから、このまま薬を減らしても大丈夫だといいな、とみています。
しばらく投薬治療は続きますが、これなら大丈夫だろう、と思います。
ご心配をおかけした皆様、ありがとうございました。
[PR]
by kishibojinn | 2006-09-23 16:48 | うさぎ

くりちゃん 少し良くなりました

まだまだ、首が傾いたままのくりちゃんですが・・・
(ビクターのワンちゃんの首がも~っと傾いた感じだと思ってください)
でも、食欲はあります。
牧草も、ペレットも、お水も、必死に態勢整えてって感じで自力で食べています。
とりあえず、お薬に対する反応も良いようです。
もう少し、傾きが小さくなればいいのに・・・と思うのですが。
投薬治療になりましたから、少しは良い方向へ向かっているのだと思います。
もう少し良くなったら、うちのプリンス、くりちゃんの写真を公開しますね。
心配してくださった皆様。
ありがとうございます! くりちゃんは少し元気になりました。
[PR]
by kishibojinn | 2006-09-09 22:04 | うさぎ

くりちゃん

『うさにゃん日記』なのに、全然うさぎが登場しないね・・・。
と息子に言われたのでうさぎちゃんもUPしなくちゃ・・・と思っていた矢先。

昨日まで普通に暮らしていたうさぎのくりちゃんが、
突然、起き上がることもできなくなってしまった。
うさぎには、けっこうある病気なのだが、神経が菌や原虫によって侵されて、首が曲がったり、体の平衡が取れない状態になるのである。
もちろん、ごはんも食べられないし、排泄だってまともにできなくなる。
治療効果があって、日常生活ができるようになればいいのだが・・・
最悪・・・すべてができない場合・・・延命治療はしないつもりである。

まぁ、悪いことは考えないようにしよう。
とにかく、多少の見栄えの悪さなんてどうでもいいから、普通に暮らせるように回復してほしいと願うばかりである。
[PR]
by kishibojinn | 2006-09-05 11:55 | うさぎ



犬一匹と猫12匹の楽しい暮らしぶり
カテゴリ
全体
ねこ
うさぎ
その他
動物いろいろ

自然

料理
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
おともだちリンク
最新のトラックバック
どんぐり
from 杏日記
湖東三山秘仏本尊ご開帳
from ぶらり旅
瓜実条虫
from 猫生活?
室内飼いの猫(ネコ)
from ブログで情報収集!Blog-..
熊野三山
from 世界遺産の旅
安楽死?
from 杏日記
真実を知って下さい!(2..
from ジャック et 叶恵
殺処分方法の改善を!(署..
from ジャック et 叶恵
無知の罪
from 杏日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧