うさにゃん日記

カテゴリ:その他( 70 )

書道展 搬入

b0075229_1314314.jpg

明日から、名古屋市立博物館で、書道の社中展。
というわけで、午後は搬入の手伝いである。
そこで、私は初めて知った。
自分の作品の周囲の紙が真紅だということを(真っ赤なふちどりがされている状態なんです、つまり)。
どうして私だけ、こんなに目立つ色?
こ、これって・・・、もしかして、一番ダメな作品へのおしおき?(なんだか、赤ざぶを思い出した私。高校時代、物理と化学がペアで赤ざぶとんつきの成績表をもらったっけ。つまり・・・これって、社中の赤ざぶってこと?)
※赤ざぶとんの意味がわかんない人は、自分は幸せだ、と思って追求しないでください。
ただでさえ、超ヘタクソな私は悪い意味で目立っているというのに。
「あ~、こんな作品、火ぃつけて燃やしたい。」
とため息をついた私であった。

今回の展示では、近現代(といっても、戦前まで)の日中の要人の書いた字が、いくつか特別展示されている。
伊藤博文の書いた字を見て、「こんなにパワーのある人だったんだ」と改めて感じたり(ものすごく巨大な作品を一気に書き上げているのです)、右翼の巨頭とされた頭山満の字が予想したよりちんまりとした感じだったり、なかなかおもしろい。
そういう作品を見ながら、実際に展示をして、忙しくも楽しい午後であった。
[PR]
by kishibojinn | 2006-07-10 19:44 | その他

ようやく終了

今日は、書道展の作品提出締切日。
いつもながら、時間ギリギリのところで、書いていたので、ここ何日間か、眠れなかった。
しんどかった。
作品の出来は自分でいうのも恥ずかしいほど、ヘタ。
特に、この頃は、自分のヘタさ加減がよくわかるようになったためであろう。
書くことがつらかった。
自分なりに納得できるほどの練習時間が取れないので、余計につらかった。
何事も修練、だとはいうけれども。
来月半ばごろ、名古屋市博物館で社中展である。
まぁ、提出後の束の間の開放感にひたることにしよう・・・。
b0075229_2133396.jpg

というわけで・・・
お時間ある方はご来場ください。
いえ、私の下手な書ではなく、先生の字をご覧ください!
女流20人展の巡回作家の、高田先生の字です。
[PR]
by kishibojinn | 2006-06-14 20:58 | その他

運動会

今日は息子の運動会のはずだった。
七時の時点では、「開催する」とHPに出ていたので、そのつもりで準備する。
でも、結局、少しパラついてきた雨に、延期の決定。
その後、ずっと「くもり」だったのですけど・・・。
火曜日に開催となると、土、日しか休めない人は、まず見ることができないのだから、開催してほしかったと思う。

運動会のお弁当
b0075229_174057.jpg


チキンカツ カレー風味
卵巻き チーズ入り
じゃがいもとにんじんのサラダ
グリーンアスパラ マヨネーズかけ
かにかまときゅうりの ノンオイルごまドレッシングあえ

おにぎり(明太子、キムチ)

この前、梅シートを使って、巻き寿司風おにぎりを作ってみたが、
う~ん、これは子どもには好かれないようなお味。
ついでに、今ひとつうまく巻けないので、試作品をもっと作らなくてはいけないと思った。
(「巻き」の技術が今ひとつ・・・なのである)

それにしても・・・
春にやる運動会。
騎馬戦も、昔のように入り乱れてなんてしないし、組体操だってなし。
今時のおこちゃまの運動能力の低さは、環境が違うとはいえ、情けない。
まぁ、そうでもしないと、けが人続出なんでしょうね。

昔は、高校生の体育祭の「騎馬戦」なんて、見ているだけでも、ものすごく怖かった。
殴り合ってたし、ケガするなんて、あったりまえ、みたいだった。
既に、その頃は、「棒たおし」もなくなっていたから、軟弱になった、と言われてたけど。

あ~、こういう感想が出てくること自体、時代が変わった、ということなんだ・・・と思う。
[PR]
by kishibojinn | 2006-05-27 17:04 | その他

明日から高野山

明日(5月19日)から、高野山にお礼参りへ出かけます。
四国八十八箇所をまわって結願したので、最後に、弘法大師廟へお参りです。
高野山には、もう1年以上行っていないので、とても楽しみです。
明後日の夜遅くに戻ります。
[PR]
by kishibojinn | 2006-05-18 18:46 | その他

が~ん

夏の書道展(社中展)の課題。
・自分で好きな書体を選んで研究して、自分なりに書く。
・漢詩は、読書に関する詩を集めた課題図書から選ぶ。

ということで書いてみた。
b0075229_1916950.jpg


締め切りがあと一ヶ月に迫っているが、
全然できない。
一応、書いてはみても、文字の配列バランスが悪いし、書き込みが足らないから、迷っているのがよくわかる。

自分でも「ひっどい~」と思うのだから、
先生から見れば、
「やめてほしいなぁ」という出来だと思う。
とうとう、
「お手本を書きます」と言われてしまった。
が~ん。

先生の指導力が問われてしまう作品だから仕方がないけど。
ちょっと泣きたい気分になってしまった。

先生、ごめんなさい、です~(泣)。
ついでに、情けないぞ~、わたし~!
[PR]
by kishibojinn | 2006-05-17 19:16 | その他

爆破予告

今朝、うちのすぐ近く(徒歩10分かからない場所)の保育園に、爆破予告電話があった。
「3日以内に爆弾を爆破させる」
新聞の夕刊にも載った。
まずは、イタズラだろうと思う。
でも、イタズラではなかった場合が怖いというので、保育園の職員や子どもたちは近所の集会所に避難した。
うちの実家の幼稚園も、夕方から、緊急メール連絡網(4月から発足させたばかり)を発動。
明日から警備員さんの手配などもすることに。
・・・と大騒ぎ。
それこそ犯人の望んだ動きなんだろうが・・・。
本当に、いいかげんにしてほしい。
だが、子どもの命を守るのが、簡単ではない時代になっているのは、現実である。
頭が痛い。
[PR]
by kishibojinn | 2006-05-16 20:45 | その他

気分は重傷者

息子が昨日、ケガをした。
学校の帰りに、溝に落ちて、むこうずねを切ったのである。
b0075229_040668.jpg

「医者に行こう」
としつこく言っても、抵抗して行かなかった。
しかし、今朝、はれがひかないので、整形外科へひきずって連れていく。(本人もさすがに、痛くて観念したようだ)
レントゲン撮影をしたら、骨に異常はなかった。が、パックリ傷口が開いているので、縫うことに。
息子は、「縫うの?痛いの?」とびびっている。
私は、「痛いに決まってるでしょ」と言って、先生にや~な顔をされた。
縫うのは、やはり、痛かったようだ(生きている証拠)。
ついでに、すっかり、重傷者気分になった息子は、足をひきずりながら歩いて、「痛い、痛い」と連発。
でも、同情する気分になれない。
溝におちた理由が、だんごむしに気をとられてだからなんて。
お前は幼稚園児か、と母は思った。

その時、ふと昔の思い出が。
私の弟が、中学生の頃、友人にさそわれて学校帰りにバードウオッチングをしに川の近くへ行ったら、学生カバンを川に落としてしまった。
親切な近所の人がカバンを拾ってくれたが(今なら誰も拾ってくれないかも)、カバンの中はぐっしょり濡れて・・・教科書も水を吸って巨大化していた。
濡れた教科書を縁側に並べて干したのは、私だった・・・と思う。
でも、いくら干しても、ゴワゴワにこわばったまま巨大化したものは、どうにもならなかった。
当然、すべて買い替えである。
弟が怒られなかったのは、普段の行いが良かったから?
(私が親だったら、たぶん、怒る)
よくわからないけど、私はその時、思った。
「男の子って、よくわからない」

だんごむしでケガをする息子も、
バードウォッチングで学生カバンを川に落とす弟も・・・
私には理解できない。
[PR]
by kishibojinn | 2006-05-11 00:33 | その他

再び四国へ

お遍路から帰ってきてからは、なんだか、怒濤のように忙しかったです。
第一、帰ってくると、家の中がむちゃくちゃなんで・・・それを片づけるだけでも、大変。
その上、今週は、書道の社中展のための「ひな型」をどうしても提出しなくてはならなくて、もう、ヨレヨレの状態でした。

でも、明日から、また四国は善通寺へ行ってきます。
今回は、善通寺創建1200年記念イベントに、大学院の恩師がパネリストとして出席されるので、皆で集まることもかねての四国行きです。
それにしても、恩師は、超人的に元気。
もう80歳はとっくに過ぎているのに、シャカシャカ歩くわ、9時から5時まで延々と講義はするわ・・・で、「すごい」の一言。高野山奥の院のトップとして公私共に多忙でありながら、全然、平気というあのパワー。修行が足りない私は、感嘆するばかりです。

明日は、四国・高松の香川県歴史博物館の「善通寺展」を見てから、善通寺で夕方から薪能を見る予定です。
明後日は、善通寺での特別展示のあれこれを見てから、恩師がパネリストをされる、ディスカッションを聴きに行きます。
というわけで、またまた、旅です。
ゴールデンウィークに出かけるなんて、何年ぶりのことでしょう。
しかも、一人で!
せっかく香川県へ行くのですから、おいしいうどんをたくさん食べてきたいです。
[PR]
by kishibojinn | 2006-04-28 22:08 | その他

帰ってきました~

お遍路の旅から、帰ってきました。
全部歩くのは、いきなりするのは不安だったので、少しだけ歩く(多くても1日10キロ程度)ツアーに参加しました。
昨年の3月から開始して、今回の旅で八十八カ所すべてのお寺をまわって結願となりました。
来月、高野山へお礼参りに行き、ツアーは終了です。
来年は、とりあえず、1番から12番まで歩き遍路に挑戦するつもりです。(11番から12番が、遍路ころがし、といわれる、険しい道です)

ところで。
ノラちゃんとかかわりがある暮らしをしているので、余計に気になりましたが、舗装された道路と重なる遍路道を歩いていると、「ここに犬や猫を捨てないください」という手製の看板が何カ所にもありました。こんな山奥へ捨てに来るのか、と恐ろしくなりました。そこへ捨てられた子たちの運命を考えると・・・言葉もありません。でも、そうした看板を見ると、これさいわい、と捨てに来る人間もいるのだろうと思います。ぞっっとしました。
命は、モノではないのです。
どうして多くの人が食べるのに不自由していないこの時代に、そんなことをするのでしょう。
そんなことを考えていると、中津川で女子中学生が遺体で発見される事件があり、犯人はつかまった、とはいうものの、元同じ中学の先輩だった高校生。
気持ちが暗くなってしまいました。

すみません。明日は、もっと楽しい話題にしようと思います。
[PR]
by kishibojinn | 2006-04-22 21:29 | その他

明後日からお遍路

昨年から始めた、少しだけ歩く四国遍路の旅。
明後日から2泊3日で、ついに八十八ヵ所をめぐって、終了。
本当は、今年、全行程ひたすら歩く遍路を、3泊4日でしようと思っていたが、お金はないし、来年まで延期。
でも、やはり、巡礼というのは、「歩く」ことが基本だと思う。
歩く速度でなければ、見えないものがたくさんある。
今年は、たくさん、密教について勉強しようとも思う。
明後日は朝早く、四国へ旅立つ。
準備しなくちゃ・・・。

まぬちゃんは、(私以外、世話できないので)獣医さんでお留守番。
明日の晩から、獣医さんです。
[PR]
by kishibojinn | 2006-04-18 21:24 | その他



犬一匹と猫12匹の楽しい暮らしぶり
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
おともだちリンク
最新のトラックバック
どんぐり
from 杏日記
湖東三山秘仏本尊ご開帳
from ぶらり旅
瓜実条虫
from 猫生活?
室内飼いの猫(ネコ)
from ブログで情報収集!Blog-..
熊野三山
from 世界遺産の旅
安楽死?
from 杏日記
真実を知って下さい!(2..
from ジャック et 叶恵
殺処分方法の改善を!(署..
from ジャック et 叶恵
無知の罪
from 杏日記
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧