うさにゃん日記

カテゴリ:犬( 19 )

育ってます

b0075229_21113.jpg

保護した時は、8キロ弱だった てんこ。
でも一ヶ月後には、2キロ増え。
更に一ヶ月後には、2キロ増え。
合計4キロ増加してます。
6種混合予防接種も終了しました。
で、ゴールデンウィーク明けには、避妊手術の予約を入れていたのに…。
なんと、生理になってしまいました。
6月まで手術は延期です。
昼間は外につないでありますし、散歩もしますから、
子どもができないよう、注意しないといけません。
はぁ~、予定外でした。
[PR]
by kishibojinn | 2011-05-13 21:01 |

てんこちゃん

b0075229_2045521.jpg

今年の3月6日、日曜日の朝のこと。
早朝ジョギングにでかけた夫が、
「(お寺の)境内に犬がいるんだけど」
とまだベッドにいる私に言いました。

飛び起きて行くと、
確かに犬が、本堂の回廊の下にいる。
首輪をしていないので、決死の覚悟でベルトを首輪がわりにして保護。
すぐに、警察や動物愛護センターなどに届けました。

翌日 獣医さんへ連れて行って、健康診断。
まだ5ヶ月(すべての歯がはえかわっていないので、そういう判断となりました)の若い女の子。
右の大腿骨が付け根で折れて、あらぬ方向にまがっていて、そのまま固まっている、
ということもわかりましたが…。
日常生活はまったく問題ありませんし、
元気が有り余っていて、もう、大変です。
夜眠ったり、雨の日に居る玄関、ボロボロです。

でも、元気ならいいのです。
ケストナーの「点子ちゃんとアントンちゃん」から、「てんこ」と名づけました。
「幸せてんこ盛り(もはや死語?)という願いもこめました。

そうそう、飼い主さんは、全然現われません。
そんなわけで、6月には、うちの子になると思います。
[PR]
by kishibojinn | 2011-05-13 20:45 |

ひと月が過ぎ

b0075229_1137334.jpg

このはなが玄関から出かけたのが5月22日の夜9時過ぎ。
もう、ひと月以上経ちました。
ツイッター情報を手がかりに、車で30分ほどの所にある街に、何度足を運んだでしょうか。
更に北の住宅街に移動したようなので、その周辺も探しました。
ポスター貼りやチラシまき。
結局、6月の初旬に、その街からも移動したらしい、という情報が入り、
何万部も配布されているフリーペーパーに、掲載してもらいました。
すると、唯一、「耳の欠けているワンコをY(私の暮らしている場所の近く)の下池公園で見た」という情報が。
もちろん、その周囲にも行って探しました。
それから何日かして、Oという街の大きな公園近くで見かけた、という情報も。
(こちらは、その近くで保護された子がいて確認しましたが、別のワンコ。)
やはり、ポスター貼りやチラシまきもしました。
こうしてひと月以上経ってしまいました。
ワンコというのは、けっこう、移動するものだ、ということを実感しました。
仮に、見かけた瞬間に連絡してもらって駆けつけたにしても、私が見つけることは奇跡に近いのだということもわかりました。
捜索をやめる気持ちはありません。
でも、唯一、このはなだと思える子(耳が欠けていた、高齢の子の歩き方だった<気になったのでじっと眺めてしまったという方からの連絡>)を見たという場所は、かなり雑木林などがあり、発見することは難しい場所でした。
何より、どういう形であれ、「誰かが保護しなければこのはなへたどりつくことは難しい」という現実を思い知らされています。
情報もふっつり来なくなりました。
これからは、
定期的に、保護センターにチェックを入れながら、待つことになるだろうと思います。
無事を祈り続けるしかないのかもしれません。

※写真は、捜索チラシ及びポスターに使った写真です。桜の花びらが散る頃のものです。
[PR]
by kishibojinn | 2010-07-02 11:37 |

帰っておいで

b0075229_1581258.jpg

5月22日(土)の夜9時過ぎ。
私が息子の塾へ行っている間に、夫がこのはなを散歩に連れて行き、
帰ってきてから、玄関の施錠を忘れたため、このはなは、どこかへ行ってしまいました。
夜中近くまで、近所の散歩コースを中心に探しましたが、
まったく消息はわかりません。
翌朝、警察に届け、今日、愛知県内の動物愛護センターなどに連絡しましたが…
今のところ、何の連絡もありません。
ポスター貼りなどはこれからです。
昨日も、今日もかなりの雨。
衰弱して死んでしまうのでは?と心配です。
名古屋市か、愛知県内で心ある人が保護してくれたら、と願わずにはいられません。
外側に、「高照寺 このはな」と書いたピンクの首輪をしています。
外見の特徴「左耳の先端の欠損」もあるので、文字情報だけでも、検索しやすい存在かと思われます。
ただ、まだ鑑札の申請中で、鑑札がついていなかったことは、ものすごく残念です。
(写真は桜の花が散る頃のものです)

帰っておいで! このはなちゃん!!!
[PR]
by kishibojinn | 2010-05-24 15:08 |

つかの間の日々

b0075229_05316.jpg

私の膝に体の一部をくっつけて、うとうとし始めた このはな。
でも、やはりケイタイのシャッター音で、「な~に?」と目を開けてしまった。
幸せな時間。

これがせめて、2~3年続いてほしい。
そう願うことは、やはり無理なのでしょうか?

狂犬病の予防接種に行ったついでに、触診をしてもらったところ…。
手術した側とは反対側に、乳腺腫瘍が見つかりました。
先生は、傷の治りが非常に悪いこと、ストレスで大暴れしてしまう性格などから、手術には消極的。
即断せずにしばらく様子を見よう、となったのですが。
1週間後、私が触ると、心なしか少し大きくなったような気がする上に、新たな腫瘍もできたような気がするので、あわてて、また獣医さんに診てもらったところ、やはり、変化しているとのことでした。
これは、たぶん…悪性だと思います。
さすがに、私もいろいろ考えました。
でも、悪性の場合、何もしなければ、悲惨な状況になるのはまちがいないし、(もちろん、手術をしたからといって、悲惨な状況にならない保証はないのですが)、転移でない、新しい病巣の出現だとしたら、、手術によってかなりの延命が可能かもしれません。
そう思って、24日に手術をすることに決めました。
このはなには、すぐに、つらく、苦しい日々が始まってしまいます。
どうか、手術をして良かった、と思えるようになりますように。
のんびりと幸せな時間がもっともっと持てますように。
心から祈りました。
[PR]
by kishibojinn | 2010-05-18 00:05 |

くつろぐ

b0075229_0384799.jpg

病気じゃないです。
横になっているところをなでていたら、気持ちよさそうにウトウトし始めたので、
ケイタイで写真を撮ったところ、シャッター音に気がついて、
「なあに? 今の音」と見ているこのはなです。

自分から「なでて」とお腹を見せる、ということはなくても、
「伏せ」をしているところをころがすと、素直に横になってくれます。
そんな時になでていると、
とても気持ち良さそうです。

「飼い主」と思ってはくれなくても、
「親切な世話係りのおばちゃん」ぐらいの認識はしてくれているみたい。
散歩に行く、となると、ジャンプして「喜びの踊り」をしてますし。
時々、「かまってほしい」とアピールもします。
そんな時は、なでまくって「かわいいよ~」「大好きだよ~」と言います。

安楽死まで考えたほど、ひどいムダ吠えや破壊行動も、すっかりなくなりました。
精神的にとても安定しているみたいです。
あとどのぐらい生きられるのかは、わかりません。
でも、毎日、お散歩を楽しみ、ごはんを食べ、幸せな気持ちになる時間が少しでも長く続きますように。

保健所で処分されていく無数の命がひとつでも減ることを祈りつつ、
このはなと暮らしています。
[PR]
by kishibojinn | 2010-05-08 00:38 |

祝退院 このはな

b0075229_13482713.jpg

昨日のお昼にようやく、退院しました。
大リーグボール養成ギブス(といってわかる人は、トシがバレますな)のような、
ソフトカラーまでつけられて、
このはなは、とっても嫌そうです。
でも、傷口はなんとかふさがりましたし、食欲もなくならず、
帰宅した後も夜鳴きすることもありませんでした。
このまま順調であれば、日曜日か月曜日には抜糸できそうです。
早くカラーがとれる日がきてほしいです。
[PR]
by kishibojinn | 2010-03-24 13:48 |

このはな 再入院

ぶちのことで苦悩が深まる中、
このはなのことでも、実は困ったことが起こっていました。
このはなの縫合した皮膚の一部が、どうしてもつかなくて、再度縫合手術となったのです。
そのうえ、縫合したのちに、膿んでしまうという事態が起こりました。
ゲンタシン軟膏(化膿止め)をぬろうとしても悲鳴をあげてさわらせないので、
「これは変だ」と思った翌日、
朝の散歩から帰ったら、「血がついている!なんか体液ももれてる!」
という恐ろしい事態に。
びっくりして、電話して、休診日だったですが、診てもらったところ…
「傷口が開いたということではなく、膿んでいる」
ということがわかり、再度入院となりました。

く~っ!!!
ぶちのことで精神的にけっこう追い詰められた気分でいるのに、
このはなまで!!!

ついでに、医療費が家計を直撃。
私のお小遣いでどうなるものではなく、貯金まで手をつけてます。
さすがの私も食欲減退。
何を食べてもおいしくありません…。
[PR]
by kishibojinn | 2010-03-19 11:46 |

良いことばかりじゃないけれど…

このはなの検査結果は、
残念ながら、「悪性」と出ました。

でも、
リンパ転移もなかったですし、
すごく早い時期にけっこうごっそり取ってしまったので、
病理の方から「転移は考えられないだろう、予後は良好だろう」
というコメントがありました。

もちろん、
「高齢なこともあり、今後も乳腺腫瘍の発生に注意が必要」
というコメントもありましたから、
手放しで喜んではいけないのでしょうが…
痛い思いをして手術をしたので、
予後の予測が良いもので、
本当に、本当に良かったです。
[PR]
by kishibojinn | 2010-03-03 16:30 |

退院

b0075229_0253132.jpg

「このはな」は、手術の翌日、退院。
「この子はここにいることのストレスがすごいですから、退院した方がいいです」
と引導を渡されて、さっさと退院させられてしまいました。
夜中ずっとほえまくっていた、とか…?
ケージをこわしにかかっていた、とか…?
そういうこと、していたのだろうか。
う~ん。

ともあれ、無事に帰宅できたし、
恐れていた夜鳴きもまったくなく、不気味なまでの静けさ。
それだけ体の状態がしんどい、ということなんだろう。
[PR]
by kishibojinn | 2010-02-26 00:25 |



犬一匹と猫12匹の楽しい暮らしぶり
カテゴリ
全体
ねこ
うさぎ
その他
動物いろいろ

自然

料理
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
おともだちリンク
最新のトラックバック
どんぐり
from 杏日記
湖東三山秘仏本尊ご開帳
from ぶらり旅
瓜実条虫
from 猫生活?
室内飼いの猫(ネコ)
from ブログで情報収集!Blog-..
熊野三山
from 世界遺産の旅
安楽死?
from 杏日記
真実を知って下さい!(2..
from ジャック et 叶恵
殺処分方法の改善を!(署..
from ジャック et 叶恵
無知の罪
from 杏日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧