うさにゃん日記

<   2006年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

暑かった・・・

今日はすごく暑かった。
梅雨が明けたわけでもないのに、もう真夏という感じ。
まぁ、もう7月ではありますが。

息子の勉強部屋の前を通ったら・・・
ヘンな物体が机の上にあるのが眼に入った。
b0075229_23223966.jpg


近づいてよくよく見たら・・・
とらであった。
b0075229_23231190.jpg

今からこれだと、この先、もっと暑くなったら、どうなるのだろう?
[PR]
by kishibojinn | 2006-06-29 23:16 | ねこ

美談 その後

先日の新聞の記事に対して抗議をした。→「悲しき誤解」に載せた話
「保健所での殺処分は、決して安楽死ではない」と。
でも・・・
何日もしないうちに、また、その反響記事がのった。
「その子も感謝していたでしょう」とあるおばさんが感心していた。

「保健所での殺処分は、決して安楽死ではない」
そのことを知らない人が、誤った判断をするのは仕方がない。
でも、抗議した後に、またそうしたことを賛美する声を載せるとは、いったいどういう神経をしているのだろう。
私は新聞社に対して、怒った。
どういうふうに、再度抗議をしようか・・・考慮中である。
[PR]
by kishibojinn | 2006-06-29 00:23 | ねこ

ヤマモモ

今年初めて、収穫したヤマモモ
b0075229_062178.jpg

ヤマモモが熟した。
ヤマモモは、高知の県花である。雌の木しか、実はならない。
あしが早いので、輸送が難しいらしく、生の果実がここらへんで売られていることは、見たことはない。(ここ10年ほど、デザートとしてワイン煮を見かけるようになった)。
そのまま食べると酸味がきつい。
食べたこと、ありますか~?

ワイン煮を作った
b0075229_012969.jpg

さっそく、ワイン煮を作った。
よく冷やして、ヨーグルトに入れたり、ゼリーを作ったり、そのまま食べたりする。
アルコール分はとんでしまっているので、子どもでも大丈夫。
[PR]
by kishibojinn | 2006-06-29 00:19 | 自然

腹デブ パート2

お腹がデブってしまったのは、吉次郎だけではない。
さちこも・・・
吉次郎より腹デブになってしまったのである。


そのお腹はなに?
b0075229_23504429.jpg

たれている・・・。
明らかに、たれている。
お腹の部分が~!!!



あたちは、小顔なんだから
b0075229_23521855.jpg

知ってるよ。
だから、余計に目立つのよ、そのお腹の大きさが。



ここで、情けない告白。
あまりに急激に、お腹がふくれてきたので、重病を疑いました。
さちこが保護された公園は、ウィルスの高濃度汚染地帯です。
普通から考えると、何倍もの確率で保護された子が重病になります。
実際、さちこを保護した人から何匹も預かった人は、何匹も重病を発症して大変でした。
それを知っていたので、
「これは危ないかも」と思ったのです。
でも、今日、検査結果を聞きましたら・・・
ウィルスの抗体検査はマイナス。
つまり、単なる腹デブでした。
心配をかけた方々。
本当に・・・すみませんでした~。 (平伏!)

さちこ、あんたも、明日からダイエットだよ。
[PR]
by kishibojinn | 2006-06-24 00:01 | ねこ

祝! ケガの治療終了

今日、とうとう、「もう、薬も飲まなくてもいいよ」と言われたとらおば。
やった~!
いや~、6ヶ月以上、ず~っと獣医さんに通ってましたから。
♪は~な~もあらしも~、ふ~みこ~え~て~♪

でも、今日も先生の顔を見たら・・・
恐怖のあまり、うん○とおしっこ・・・もらしちゃったとらおばです。

これで、獣医さんに行かなくてもいいなら、いいんですけど。
耳の後ろがハゲていて、かゆいのか、ひっかいては、傷を作っているので・・・
(耳ダニの検査したりしましたが、耳ダニはいませんでした)
「しばらく、お耳を見せてね~」って。
とらおば。
まだ行かなくちゃならないんだよ・・・。


それでも、
この半年で、ずいぶん変化したとらおば。
だって、最近は、ごはんの時に自分ケージから出て来るようになった。
それも、甘え声を出すというオマケ付きだ。

ごはん、ほし~い
b0075229_2332783.jpg

b0075229_2342633.jpg



それほど近くなければ、私がいても、ちょっとくつろぎモードになったりする。

お腹がいっぱいで、いい気分かも~。
b0075229_2344070.jpg


というわけで、
まだまだ触れないけれど、昔のようなすさまじい威嚇、攻撃はなくなった!
いやぁ・・・
半年って長い時間なのである。
[PR]
by kishibojinn | 2006-06-23 22:59 | ねこ

吉次郎 哀愁

ごはんの盛りが少ない
b0075229_2229820.jpg

なんかさぁ、今日のごはん、盛りが少ないんだよね。
育ち盛りなんだからさぁ、もっと食べたいな。



ボクってそんなにデブ?
b0075229_2229504.jpg

ボクって、自分でいうのもなんだけど、しまってるよ。
ダイエットなんて必要ないと思うよ!



お腹出てるって言われるけど、そうなの?
b0075229_22311989.jpg

あ~、腹減った。
なんか、力はいんないよ。
ボクの、どこがデブなんだよ~。
         そのお腹だよ!!!(母の声)



後姿がデブって言われちゃった・・・
b0075229_22322437.jpg

お母さんに、「後姿がデブ」って言われちゃった。
自分のことを考えてよ。
え? 若い頃はスマートだった?
ホントかよ。
         ホントだ!!!(母の声) 
[PR]
by kishibojinn | 2006-06-23 22:45 | ねこ

吉次郎 お腹に異常が?

昨日、吉次郎が箱の上に乗っているところを見たら・・・
お腹がふくらんでいる。
単なる脂肪?
さわってみると、しこりのような感じがする。
心配になったので、今日、さっそく獣医さんへ出かけた。
(この獣医さんは、ノラの「とらおば」「まぬ」とは別の獣医さん。)
先生は、慎重に触診して・・・

「脂肪の塊ですね」

えっと~、それは、単におデブだということなんでしょうか。
(確かに吉次郎は、他の子の残飯をせっせと食べていたし・・・。)
結局、「これ以上、太らないでね~」ということで診察終了。
「今日はいいですから」
と、診察料も取られなかった。

おデブ・・・
まぁ、もうじき1歳で4.5キロというのは、深刻な肥満ではないが
気をつけないと、とらのようなブクブクにゃんこへの道、まっしぐら。
明日からは、減量だよ。きち(吉次郎)。
[PR]
by kishibojinn | 2006-06-22 22:39 | ねこ

たぬき

うちの庭で初めてたぬきを見たのは、いつだっただろう。
少なくとも、半年前には見ていた。
最近は、夜昼、あまり関係なく、たぬきが走っているのを見かける。
そして、今晩、2匹そろってやって来たのを見た。

何ヶ月かぶりでやって来た、サビーネちゃんと呼んでいるサビ色の猫。
その子にごはんをやったら、
いつの間にかたぬきがやって来て横取り。
絶対にごはんをやらない、ということを決めていたのに、
結果的には、たぬきにごはんをやってしまった。

2匹そろってやって来た
b0075229_00690.jpg

この子たちは、つがいなんだろうか?
いったい、どこからやって来た子たちなんだろう。
謎は、大きい。
[PR]
by kishibojinn | 2006-06-20 00:02 | 動物いろいろ

びわ酒

びわ酒をつけた
b0075229_19341966.jpg

庭師のおにいさん(これが、イケメンブラザーズなの!)が、庭のびわを収穫してくれたので
びわ酒を作った。
庭のびわの実は、すごく高いところで実るので、なかなか取れないのである。
去年初めて作ったのだが、
とにかく、香りがすばらしい。(味は、まぁ、普通)
芳醇、というのがふさわしい、高貴な香りである。
3キロで、3升(1.8リットル×3)のお酒をつけることができた。
秋も深まる頃、飲むことができるようになるだろう。
[PR]
by kishibojinn | 2006-06-18 19:41 | 料理

怪我

今朝、まぬちゃんの注射したら、私があせったせいもあるのだろう、痛かったらしい。
また、ねこパンチされてしまった。
私が一人で(保定なしで)注射しているせいもあるのだけれど・・・。
今回は、目のところをやられて、まぶたが切れてしまった。
眼球本体は無事だったが・・・。
もし本当に眼球をかすったら、失明である。
顔が傷ついてみっともない、というのは、それは平気。
でも、「失明」だけはまずい。
もうそろそろ考えなくてはならないのかもしれない。
私が注射することをやめるかどうかを。
ごはん(治療食)を定量食べさせることはできるから、それで衰弱して死んでしまうとしてもそのまま治療食と清潔な環境を与えていく、という選択はある。
ただ、まぬがどうしても注射だけは許せないとしたら、「失明」覚悟で注射する、ということになる。
それは、残念ながら無理だし、獣医さんに注射に通う、というのも金銭的に無理である。
残されているのは、獣医さんでの「安楽死」か、私のうちでの「衰弱死」。
あのまま放置したら、確実に「衰弱死」した子なので、それが寿命だったと考えるべきなのか。
今、悩んでいる。
[PR]
by kishibojinn | 2006-06-18 09:45 | ねこ



犬一匹と猫12匹の楽しい暮らしぶり
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
おともだちリンク
最新のトラックバック
どんぐり
from 杏日記
湖東三山秘仏本尊ご開帳
from ぶらり旅
瓜実条虫
from 猫生活?
室内飼いの猫(ネコ)
from ブログで情報収集!Blog-..
熊野三山
from 世界遺産の旅
安楽死?
from 杏日記
真実を知って下さい!(2..
from ジャック et 叶恵
殺処分方法の改善を!(署..
from ジャック et 叶恵
無知の罪
from 杏日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧