うさにゃん日記

<   2006年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ようやく呼吸が・・・

先週から「いつ入院か」とハラハラしていた息子の喘息。
ようやく、昨日から呼吸が楽になって、昨夜は寝ている時の陥没呼吸(呼吸困難)がみられなくなりました。
これで、もう少し、内科と耳鼻科で治療して自宅で安静にすれば、入院しなくても大丈夫だと思います。
あ~、本当に良かった・・・。
と油断してはいけないですね。
気をつけて過ごします。
心配をかけてしまった方々、すみません。
でも、暖かな言葉で本当に励まされました。
ありがとうございました。
[PR]
by kishibojinn | 2006-10-31 08:41 | その他

今度は息子が・・・

ここのところ、父の具合が~、私の腰が~、と騒いでましたが・・・今度は息子です。
今週になって、やたら鼻水をたらしているので、危ないなぁ、と見ていました。そして、私が湖東三山ツアーから帰宅すると、なんとなく、鼻声がひどくなっていて「これは、いけないなぁ」と思っていました。
でも、昨日(27日)、喘息が出ていたので学校を休ませ内科を受診したのにもかかわらず、夜、かなりひどい発作を起こしてしまったのです。
4年ぶりに陥没呼吸(呼吸困難を起こしている状態)を見てしまいました。
明け方、救急外来に行き、治療をして、なんとか喘鳴はおさまったので、内科へ寄って帰宅しましたが・・・まだまだ事態は楽観できません。
昨日は徹夜だったので、疲れました。
今日もまた、眠れないかも・・・。
これって、弱り目にたたり目というヤツ?
土曜、日曜に予定していた、息子の学校見学や体験授業もみな、キャンセル。
せめて、入院にならなければいいのだけれど・・・。
入院はイヤだ!(ま、本人が一番イヤだろうとは思う)
[PR]
by kishibojinn | 2006-10-28 17:36 | その他

湖東三山 ご開帳

湖東三山(西明寺、金剛輪寺、百済寺)で、明後日(10月27日)まで秘仏本尊がご開帳されている。
さすがに、50何年ぶりのものある、と聞くと、次の時には生きてはいないだろうと思い、
どうしても行きたくなった。
何度か行って、大好きな場所だったし、日帰りで行ける近さ、ということもある。
というわけで、思い切って出かけた。
ツアーだったので(一人で運転していくのは、さすがに疲れる)駆け足旅行だったが、秘仏ご本尊はしっかり見ることができたし、近くの永源寺まで立ち寄れたので、一日、充実してとても楽しかった。

西明寺
b0075229_22352027.jpg

優しいお顔の、一木造の薬師如来さまだった。
本堂のご本尊から、五色の綱が外へ出ていて、それに触れると「結縁」を得られるという。

b0075229_2237616.jpg

苔が本当に美しかった。

金剛輪寺
b0075229_2239620.jpg

1000年以上前に作られたご本尊(行基が彫った、という伝えられている)は、素朴で原初の力をたたえておられた。

百済寺
「結縁」が得られる綱が垂れている。秘仏の観音さまは、珍しい、笑顔のお顔だった。
b0075229_22451183.jpg


永源寺
この時期だけ公開される書院で、お抹茶をいただいた。
あまり人気がないお部屋で、もみじの大木と苔の美しいお庭をしばし眺めてすごした。
贅沢な時間だった。
帰りに、お猿が、本堂の屋根から回廊の屋根へかけていくのを偶然、目にした。
お寺の方のお話では、毎日のように、出没するらしい。
b0075229_2247353.jpg
b0075229_22474544.jpg


時間に追われていたので、4つのお寺の参道の石段をがんがん昇り降りした。
明日、筋肉痛になるかもしれない。いや、既に、その兆候が・・・。
[PR]
by kishibojinn | 2006-10-25 22:50 |

栗拾い

今日は、「栗拾いをしたい」と息子に言われて、
寺庭の栗の木のところへ行き、二人で、次から次へと栗をいがごと落として収穫した。

たくさん 取れた~
b0075229_2371495.jpg


つやつやの栗。
料理栗だから、ただ煮たり焼いたりしただけだと、ほんのり甘いだけ。
でも、なかなか立派な大きさです。

記念撮影してみた
b0075229_238660.jpg


「栗拾いしたい!」というところがお子ちゃま、かな。
それとも、私に似て食いしんぼ、なんだろうか。

夕ご飯に、「栗ごはん」を作ってみた
b0075229_23114511.jpg


どうも、栗が見栄えよくむけない。
だから、見た目は今ひとつ。でも、ほんのり甘くて、とてもおいしかったから、大満足。
[PR]
by kishibojinn | 2006-10-22 23:14 | 自然

転倒

今日、父がホームドクターの玄関でよろめき、転倒した。
転倒した父がまともに当たった玄関の一枚ガラスは、粉々になってしまった。
幸い、近くに誰もいなかったので良かった・・・。
父にも怪我はなかったが、父の背広と内側に来ていたシャツが切れてしまった。
う~ん、こんな有り様では、病院さえ一人では行けない。
付き添う母や私は、けっこうシンドイ。
まぁ、「誰でも行く道」だから仕方がないと思いつつ、悲しい気持ちになった。
[PR]
by kishibojinn | 2006-10-20 22:31 | その他

さちこ 怒る

こういうことは、やめて~
b0075229_22194144.jpg

 さちこ   何するのよ~、やめてよ~!
 私     あ、動いちゃダメー!


b0075229_22213110.jpg

 さちこ   こういうことって、にゃんこ虐待よ、わかってるの? プンプン!
 私     あ~、そんな仏頂面して~、かわいいお顔が台無しよ。


b0075229_22232218.jpg

 さちこ   まったく・・・迷惑なのよね。いくらAさんちでやっていたのをブログで見たからと
       いって。真似するなんて、芸なしよ。ホント、ムシャクシャするわ。



 ついついかわいくてね~。
 それに、さちこちゃん以外は、瞬間的にボロボロにしてしまうから、やりがいがなくて。
 ごめんね~。
         
[PR]
by kishibojinn | 2006-10-18 22:28 | ねこ

あわや・・・火事

今日は、息子が塾でお弁当を食べる日(9時まで授業なので)。
というわけで、準備を始めていた。
でも、そういえば、石屋さんにお茶の準備もしなければ・・・。
と、点けてたガスの火2箇所を消して、仏殿のお水屋へ行った。

帰ってくると、なんだか、こげ臭い。
あれ~?
見ると、ガスグリルの煙噴出し口から、火がボーボーに出ていて、
私の弟と私の友人が2人で消火活動の真っ最中。
水をガンガン注ぎ入れて、ものすごい煙が出た・・・
と思ったら、煙探知機が作動して、「火災が発生しました」とアラームが鳴る。
もちろん、間髪をいれず、という感じで警備会社から電話。
「すみません・・・お魚こがして、煙ボーボーになってしまって」とあやまる私。

確かに火を消したはずなのに、と私は呆然としてしまった。
冷静な2人のおかげで、壁がススまみれになったぐらいですんだが、悪ければ、立派に火事となっていただろう。
若年性アルツハイマー? と落ち込んでしまった。
「あ、忘れていた」ではなくて、「確かに消していたはずなのに(現実には消えてなかった)」というところが、危ない。
いろいろなことを同時進行でやっているとありがちなことではあるけれど、やはり、もっと確実に確認しなければ・・・と思った。(反省・・・)
[PR]
by kishibojinn | 2006-10-16 23:26 | その他

至福のとら

うちのとらは、はっきり言って、おとーにゃん命。
とにかく、おとーにゃんが好き。
ヘンタイ、とか、エロエロ、とか言われてもいる。
(夫のパジャマをくわえて、毎日のようにエロエロ攻撃している、立派なヘンタイニャンコ)

おとーにゃんの腕枕 しあわせ
b0075229_21184179.jpg


おとーにゃんの枕・・・好き
b0075229_21195365.jpg

 おとーにゃんの匂いがする、この枕。やすらぐんだ~。


は~ 気持ちいいにゃ
b0075229_21222969.jpg

おとーにゃんの枕で眠るって・・・最高。

b0075229_2124880.jpg

ぐっすり安眠にゃ~

見るなよ~、いい気持ちなんだからぁ
b0075229_2125011.jpg



最後の三枚は息子が撮って、「是非のせろ」というのでのせてみました。
こう見ると、みればみるほどヘンタイだ・・・と思うのは私だけ?
[PR]
by kishibojinn | 2006-10-14 21:29 | ねこ

キンモクセイ

どこからともなくキンモクセイの香りが・・・
と思ったら、もう満開になっていた。
お寺にある、大きな、大きなキンモクセイの樹。
もう、秋も深まったのである。
b0075229_21122312.jpg

[PR]
by kishibojinn | 2006-10-14 21:13 | 自然

心臓 バクバク

朝、5時30分過ぎ。
いきなり
「緊急事態が発生しました」 ブー(アラーム音)
「緊急事態が発生しました」 ブー(アラーム音)
という大音響で目覚める。
でも、防犯アラームはセットしていないのに、何故?
通報パネルを見ると、
「ドクター 救急」が赤く点灯。
それって、うちじゃない!
隣の家! 父に緊急事態が?
と思うまもなく、警備会社から「どうしましたか?」と電話。
「隣の家の様子を見てきますので、もう一度電話ください」と言って、
父母の家へ行くと、電気がついているし、これは、大変な事態が?
覚悟して居間へ駆け込むと、
母がぼ~っとした顔で「何かあったの?」と言う。
「緊急アラームが鳴っているのよ」
「え?」と驚く母。
父に、「何かしたの?」と尋ねるが、父は「いや・・・」と言う。
ペンダント型通報装置を父母に持たせているのだが、どうもそれを押してしまったようだ。

朝早くから心臓バクバク。
情けないけど、手は震えてしまうし・・・正直言って、怖かった・・・。
思わず、救命救急法の記憶を反芻していたぐらい。

一日のエネルギーの大部分を使い果たした出来事だった。
[PR]
by kishibojinn | 2006-10-12 11:44 | その他



犬一匹と猫12匹の楽しい暮らしぶり
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
おともだちリンク
最新のトラックバック
どんぐり
from 杏日記
湖東三山秘仏本尊ご開帳
from ぶらり旅
瓜実条虫
from 猫生活?
室内飼いの猫(ネコ)
from ブログで情報収集!Blog-..
熊野三山
from 世界遺産の旅
安楽死?
from 杏日記
真実を知って下さい!(2..
from ジャック et 叶恵
殺処分方法の改善を!(署..
from ジャック et 叶恵
無知の罪
from 杏日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧