うさにゃん日記

<   2007年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

気になる親子

サビーネちゃんのこともものすごく気になるが、
もうひとつ、気がかりなことが・・・。

サビーネちゃんにごはんやりをしている家で、ごはんをもらっている
猫の親子のことである。
うちには、ここならノラちゃんが暖をとれる、というスポットがいくつもあり、
敷地内の雑木林の落ち葉が、ふかふかなので、
親子が拠点にしているようだ。

でも、このままだと、
わんさとノラちゃんが増えるのでは?
これは、捕獲して避妊するしかないのでは・・・?
悩みは深い。

b0075229_0313390.jpg

お母さんねこ。 ユニークとしかいえない、黒白の分布。

b0075229_0321822.jpg

お母さん似の子ねこ。
 
もう一匹、背中はキジトラで、前は白の、見た目はけっこうかわゆい子がいますが、
警戒心が強いみたいで、なかなか写真に撮れません。
[PR]
by kishibojinn | 2007-01-30 00:33 | ねこ

鳥インフルエンザの恐怖

ここのところ、連日、鳥インフルエンザにかかった子を出した養鶏場のニュースが報道されている。
今までは宮崎だったが、今日は岡山・・・。
恐ろしいほど急速に拡大している感じがする。
もちろん、その養鶏場のニワトリさんたちは、全部、有無を言わさず「殺処分」。
殺す人たちも、自分がウィルスの脅威にさらされながらの作業だし、
何万羽ものニワトリを次から次へと殺すことが楽しいはずがない。
でも・・・ニワトリだって、生き物。モノじゃない。
それなら、供養してあげたっていいじゃない・・・と正直思う。

そして、恐れていること。
野鳥を食べるのは、誰か?・・・という問題。
そう、猫です。
実際、昨年あたり、フランスで感染した猫が発見され、捨て猫が増えた、ということが報道されていたのを見た記憶がある。
これで、日本に、感染したのら猫でも発見されたら・・・
「危険だから」ということで、
のら猫の捕獲、殺処分が正当化され、際限ない殺戮が行なわれないだろうか?

そんな想像が杞憂で終わってくれればいいのだけれど・・・。
[PR]
by kishibojinn | 2007-01-29 00:22 | ねこ

待ち猫 来たらず  サビーネ

保護したい・・・と新しいケージまで買ったのだけれど・・・
サビーネちゃんは、来ない。

ごはんがとてもおいしかったのか、
それとも、夜、板の後ろにじっとしているのがふびんで、
毛布を差し入れたのが嬉しかったのか、
初めて一晩、うちの庭で過ごしたサビーネちゃん。

その翌日、昼前からうちへやって来たのだが、
あいにく、私は父を病院へ送っていって不在だった。
そこへ、ぶちがやって来て、襲いかかって、
目撃した友人によると、毛までむしるほど痛めつけたらしい。

それ以来、来なくなってしまったサビーネちゃん。
さすがに、他の家の庭に侵入して保護するわけにはいかないので、
ひたすら、尋ねてきてくれることを待っているのだが・・・
ぜんぜん、来ない。

サビーネちゃんと話ができたら・・・
「うちへおいで」と言いたいけれど・・・。
[PR]
by kishibojinn | 2007-01-28 21:44 | ねこ

ノラ猫 サビーネちゃん

うちの敷地の隣りの人が、
ノラちゃんにごはんやりをしています。
いえ、別にいいんです。
ノラちゃんにごはんをやることは・・・。
でも、
ごはんをやるなら、せめて女の子には避妊手術をしてあげてほしい。
それは、切実に思います。

今、ボロボロになった病気の子(たぶん、女の子)が、その家の勝手口にいます。
時々、私の家の方にもやってきます。
うちでは、「サビーネちゃん」と名付けました。
なんとか保護して、重病なら、せめて清潔であたたかい寝床で
看取ってやりたい・・・と思っています。
でも、なかなか保護できません。
苦闘しています。
この冬が例年になく暖かい、ということだけが救いですが、
刻々と時間が過ぎていきます。

b0075229_2056374.jpg


今晩、うちの片隅にやって来たので、
ごはんをあげました。
子猫用猫カン40グラムほどを与えたら、思ったより食べました。
この子は、2年前の秋に初めて私の家の片隅に現れましたが、それから、2、3度しかやってきませんでした。
先週、久しぶりに、お寺の駐車場近くにやって来て、生存を確認。
息子が「隣りの家の前にいるよ」と教えてくれたので、越しに見ると、確かに、いました。
ボロボロの度合いが増していますし、明らかに、呼吸器に問題を抱えています。
もしかしたら、エイズや白血病のキャリアかもしれません・・・。
また隠匿猫を増やしてどうする、と自分でも思うのですが、なんとか保護したいです。
[PR]
by kishibojinn | 2007-01-23 14:40 | ねこ

まいったわ・・・

今夜、
昼前に親しい友人と美術館に出かけた父が帰らないので・・・
「どうしたんだろう」と心配していたら、
電話があり、母親が血相をかえて「日赤病院へ行かなくては」と言う。

救急隊からの連絡で、
お店で倒れた父を、かかりつけの日赤の救急外来へ運んだという。
つまり、救急車で運ばれた?
母親は動揺して、あわあわ、って感じになっているし(当然である)
私はあわてて、バッグにサイフや携帯を入れて、
深呼吸三回、不動明王の真言を三回唱えて気持ちを落ち着けて、
すぐに車を運転して救急外来へ向かう。

結局、
友人と楽しんだお酒のせいで(普段まったく飲まないのに、焼酎を飲んだらしい)、
血管が拡張して、足の方へ血液が集中して、パッタリ倒れたのだろうという、
情けない話に落ち着き、無事帰宅することができたが・・・。

一緒にいた父の友人にも大変な迷惑をかけてしまった。
もちろん、ふりまわされた家族も「まいったわ・・・」という状態で疲れてしまったのだった。
[PR]
by kishibojinn | 2007-01-21 23:50 | その他

キジトラです わたしたち

相変わらず、「おとうにゃん命」のとら。
夜も更けておとうにゃんのひざの上で眠るしあわせ・・・。
あんまり暖かそうだから、
さちこもおとうにゃんの隣りで寝てみました。

b0075229_23225297.jpg


さちこちゃん?
とらかと思ったわ・・・

b0075229_2323299.jpg


あたしたち、キジトラですもん。
性格は対照的、なんて言われてますけど・・・ by さちこ
[PR]
by kishibojinn | 2007-01-21 23:25 | ねこ

お久しぶり まぬです

糖尿病だったまぬです。
b0075229_2391814.jpg


インシュリン注射をしなくなって、もうずいぶん長いです。
定期検査も2ヶ月に1回でよくなりました。
毛もふわふわです。
おかあさんに抱っこされるのも、大好きになりました。

お鼻の下の茶色の毛が、おまぬけに見えるから、「まぬ」なんて・・・
おかあさんもずいぶんな名前を付けるもんです。
でも、おかあさんが、「まぬは、かわいい、かわいい」って抱きしめてくれるから、
まぁ、いいか・・・。
すべてのパーツが大きいから、ふみふみしていると、まるでおすもうさんのつっぱりの手みたい、なんて言われてます。

でも、ぼくは、お昼間、さちこちゃんの面倒をみているんですよ。
だから、「保育士 まぬちゃん」って呼ばれてます。

新年になって、かわいい青色の首輪と、銀色の迷子札をつけてもらいました。
けっこう、気に入ってます。

さちこちゃんとふたり、上にあるねこじゃらしに注目してます
b0075229_23182018.jpg

迷子札がおそろいなんです。
[PR]
by kishibojinn | 2007-01-21 23:19 | ねこ

療養中 チャトラン

一難さってまた、一難。
先週の始め、チャトランに「しこり」を発見。
もしかして・・・悪性腫瘍か?
とあわてて獣医さんへ走る。

診察の結果・・・
要するに、かまれたあとが腫れているのだろう、とお薬をもらって経過観察。
かちかちだった「しこり」がぶよぶよになり、膿がたまってきたので、切開。

外に出して・・
b0075229_0284417.jpg


そりゃダメよ。
そんな、パラボラアンテナみたいな状態で。

と思ったので、閉じ込めていたら、ストレスで食事もしなくなってしまった。
仕方がなく、エリザベスカラーがはずしてもらい、今日から、つきそって外で散歩。

チャトランさん、
いいかげん、けんかはやめてもらえないだろうか。
もうトシなんだし・・・。
[PR]
by kishibojinn | 2007-01-16 00:32 | ねこ

脱走 とらおば

とらおばが、ねこ小屋から脱走した。
この寒いときに・・・と思ったが、
とらおばにしてみたら、ずっと待っていた機会だったのかもしれない。
ねこ小屋の扉をかぎがかかっていたのに、開けてしまったぼん。
(たぶん、かぎのかけ方が甘かったのだろう)
それに乗じて、逃げてしまったのである。

ここのところ、
雨が降ったり、雪が降ったり・・・
ものすごく寒いのに、どうしているだろう?

毎日、朝、昼、夕、とごはんの度に名前を呼んで付近をさがしたが、
全然見つからず・・・
もともとリリース予定の子だったから、どうしても出て行きたかったならそれも仕方がない、
とは思っていた。

でも、今朝、
ねこ小屋の方へ歩いていったら、ねこ小屋をうかがっているとらおばの姿が。
呼んだら逃げたが、
付近を捜すと、雨のあたらない場所で、こちらをじっと見ている。
結局、ごはんで誘導して、ねこ小屋へ入ったところを保護。
たぶん、2日間はほとんど食べていないので、お腹がすいていたのだろうと思う。

とらおばにとっては、
外にごはんが置いてあって、人と顔をあわせずに食べて、自由に暮らしているほうが
幸せなのかもしれない・・・。

でも、庭で遊んでいても、ごはんの時間になれば必ず戻ってくるほかの子と違って、
とらおばは、帰ってくるかこないかわからないし、
予防接種などの医療行為は、ねこ小屋で暮らしていなければ不可能なので、
どうしても「外で自由に暮らしなさい」と言う気持ちになれない。
私のエゴかもしれないけれど・・・。
[PR]
by kishibojinn | 2007-01-08 11:02 | ねこ

あけましておめでとうございます!

遅ればせながら、

あけましておめでとうございます。

今年は、良い年になるといいなぁ、と思うのですが・・・
新年そうそう、喘息が抜けなくて・・・
ついでに、息子につきあって食べたアイスにお腹が冷えたらしくて、
ものすご~い下痢になってしまいました。

かなり情けないお正月でした。

健康って、大切。
そんなことをしみじみ、感じました。
[PR]
by kishibojinn | 2007-01-07 20:09 | その他



犬一匹と猫12匹の楽しい暮らしぶり
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
おともだちリンク
最新のトラックバック
どんぐり
from 杏日記
湖東三山秘仏本尊ご開帳
from ぶらり旅
瓜実条虫
from 猫生活?
室内飼いの猫(ネコ)
from ブログで情報収集!Blog-..
熊野三山
from 世界遺産の旅
安楽死?
from 杏日記
真実を知って下さい!(2..
from ジャック et 叶恵
殺処分方法の改善を!(署..
from ジャック et 叶恵
無知の罪
from 杏日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧