うさにゃん日記

<   2007年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

動物にどうかかわるか・・・

今日、女王チャトランが夕方帰宅すると、
明らかに、左眼に異常があり、涙目でシパシパしていたので、
あわてて獣医さんへ行く。

昨日は、夕方、きちが、
ハトを生きながらむしっていたので、
背中が半分ぐらい赤剥け状態のハトを獣医さんへ持ち込んだし、
(結局、朝、死亡したと連絡があった)
ひろいがいなくなったというのに、
やはり、獣医さん通いはやめられない。

さて、これは昨日の夕刻の話。
獣医さんへ行くと、先客がいた。
黒のラブちゃん。
80に手が届きそうなおじいさんと、おばあさんが飼い主。
何の訓練もされていないようなラブちゃんは、
おばあさんを引き倒しそうだ。
ただ、乳房の状態から、出産したとしか思えないので、
「いくつですか?」
と尋ねると、6歳だということ。
「1回はお産させたかったから、させたけど、(産まれたのが)男の子ばかり3匹で、
走り回って大変。」とおばあさんは、嬉しそうに話している。
それは、まぁ、その子たちは里子に出すのかもしれないけれど、
(あるいは、繁殖してお金儲けするつもりなんだろうか?)
仮に一匹でも残ったら、ラブ2頭を飼える環境があるんだろうか?
だいたい、雑種だったら、そうそう簡単に里親さんが見つかるものなのだろうか?
それに、二人の年齢からして、あと何年も経たないうちに、
自分たちが世話できなくなったら、どうするんだろう?
まぁ、人の家の犬のことだし、
はっきり言って、80近い人たちが、人の話をきくとも思えない。
自分の犬が待合室でジャージャーおしっこをしてしまっても、
「あ~、おしっこをしちゃったわね~」と笑っているだけで、
何もしようとしない。
おしっこをふんでしまわないように、私がリードを保持していたぐらいなのだ。
獣医さんに連れてきただけでも、よし、とすべきかもしれない。
どういう場合も、
動物の運命というのは、飼い主がいれば、その飼い主次第。
そういうことなんだが・・・。


そして、これは今日の話。
里親募集の記事が貼ってあり、
詳細は書いていないが、
ノラ猫の子4匹の里親募集をしている、ということが写真入りで張り出してある。
里親が見つからないと、親猫共に保健所へ行かなければならない、とあり、
前回も4匹里親探しでお世話になった、とも書いてある。
連絡先が3人くらいある、というのも、
これはそのノラかーさんの生活場所の近所の人が募集しているということなんだろうか。
でも、
「前回も」
ということは、前回出産したノラちゃんがいると知りながら、放置していたわけなのかしら?
健康状態に関してまったく情報が載っていないのは、何故?
電話番号が掲載されていたから、質問すれば答えてくれるのかもしれないけれど、
もし誰もこのノラかーさんと子どもたちを保護していないとしたら、
この人たちは、どういうつもりでこういうビラを貼っているのだろう。
「かわいそうだから、何とかしたい。でも、自分たちは飼えないから、誰か飼って」
という気持ちはものすごく理解できる。
でも、保護して最低1ヶ月は、どんな病気があるか調べ、寄生虫を駆除するぐらいはしないと、
単独飼いならともかく、多頭飼いだと大変な事態を引き起こしかねない。
簡単な寄生虫ぐらいならともかく、しつこい皮膚病や、感染する恐れのあるウィルスを持っている子を受け入れた場合の、先方の迷惑なんて、全然考えてもいないのだと思う。
単に拾って、誰かなんとかしてほしい・・・
というのは、大人のすることではない、と私は思う。
自分で責任が取れないような保護って、なんだろう?
自分で保護できないなら、保護してくれる人を探し、全費用を自分が持つ。
そのぐらいの覚悟もなく、
右から左へ保護した子を動かすだけなら、子どもでもできる。
でも、そうした結果、パルボウィルスをまきちらすようなことになったり、
先住の子に、決して治癒できない疾患をうつしてしまったりとしたら、どうなんだろう。
実際、著名な「猫の保護活動を個人でやっている」という人なども、パルボの子をあちらこちらに里子に出したり、預かった人のところに、重大な疾患を持つ子を放置する、という問題を引き起こしている。

かわいそうだ、なんとかしたい。
でも、どうしても自分が保護できないなら・・・?
保護してもらう人も見つからないなら・・・?
その時は、どんなにかわいそうでも、見殺しにするしかない。
そして、一生、その子のことを考えながら、
もし保護できる状態になったら、保護するとか、
保護ねこの世話をしている人にフードなどを差し入れするとか、
自分のできることをする。
今の私はそう思っている。

個人の家で、猫や犬などの動物が何十匹にも増えてしまったら、
それは結局、「多頭飼い崩壊」を産み出すだけ。
個人で保護をするなら、自分の経済的、労力的な力をよく見極める。
それは、絶対必要だと思う。

ただ・・・
そうは言っても、心情的には、里親が見つかってほしい、と思う。
もし、私が保護できるものなら、と思う。
不幸な子たちは、あまりに多い。
良い飼い主にめぐりあえる子は、実は、ジャンボ宝くじで一等を当てたぐらい、幸運なのだ。
[PR]
by kishibojinn | 2007-09-22 23:33 | 動物いろいろ

体調不良

実は、8月の終わりから、体調が思わしくなくて・・・。
免疫力が低下しているせいか、
いろいろな感染症にかかるし、
とにかく体がだるい。
肝臓の機能や血糖値が正常値を少しはずれているので、
今月末に血液検査をして、また、問題があるようなら、
治療することになるかも・・・。
あ、単なる「気鬱の病」なのかもしれません。
う~ん、プレ更年期なんでしょうか???

というわけで、
普段のボツボツ更新、がますます間遠くなってしまっています。
すみません。
忘れられた頃に更新、というペースとなるでしょうが、
少しずつ続けるつもりでおります。
時々のぞいてくださると嬉しいです。
[PR]
by kishibojinn | 2007-09-19 19:44 | その他

ひろいちゃん その後

うちのお寺へ毎日のように来てくださっているIさん宅にお嫁に行って
もう2週間以上経った。
「ひろいちゃん、いたずらばっかり~」とIさん。
定番のカーテン登りをしたり、家中走りまわっているみたいで、
先住猫のチャンプくんは、背中に乗ったり、しっぽで遊ぼうとするひろいから、
逃げ回っているようだ。
でも、優しいチャンブくんは、怒って威嚇したり、いじめるようなことはしない。
Iさんのお孫さん(現在、保育園へ行っている)は、もうひろいに夢中。
ごはんをやったり、遊んだりで、毎日双方が楽しんでいる様子。
Iさんは、獣医さんで健康診断をしながらひろいを育ててくださっているし、
以前の様子は、何でも尋ねてくださるから、
もう、本当に安心。
携帯に入れた最近の画像も見せてくださるから、
とても嬉しい。

ひろいのことを応援してくださった皆さま。
本当にありがとうございます。
ひろいは、お嫁入り先で、楽しく暮らしています!


(後日、画像をいただくことができれば、ブログに載せようと思っています。)
[PR]
by kishibojinn | 2007-09-19 19:35 | ねこ

お見舞い

予備校で出会い、その後ずっとつきあってきた、唯一の友人Mさん。
彼女のマンションに連絡をしても、全然連絡がつかないので、
実家に一度連絡してみようかなぁ・・・と思っていた。
すると、共通の知人から、「Mさんが入院しているのを知っていますか?」
とお便りをもらい、あわてて伊勢の実家に電話をすると、
「今日、退院したんです」とおかあさまが、Mさんにつないでくれた。

重い病気で手術したMさん。
声は元気そうだったけれど、やはり、心配。
特急で1時間半ほどのところだから、お見舞いに行くことにした。

これが観光だったら、
お天気もいいし、
二人でどこかへ・・・という話になるのだが・・・。

実家にうかがう前に、共通の知人が駅まで迎えてくれた。
すると・・・車の中にMさんの姿が。
三人で伊勢うどんを食べ、Mさんの実家まで送ってもらった。
2時間ほどふたりきりでおしゃべり。

思ったより元気だったので、ものすごく嬉しかったが・・・
いろいろな治療をしなければならないとしたら、いつまで実家にいられるかはわからない。

来月、また来るね・・・と約束して帰ってきた。

どうか何事もなく、このままの状態で元気になってほしい・・・。
体力が回復したら、まだ行ったことのないお寺を二人でまわろうね。
そう約束した。
[PR]
by kishibojinn | 2007-09-07 21:55 |

受難の日々 さちこ

ひろいがやって来て、一番大変な思いをしたのは、
夜、同じ部屋にいた さちこ であった。
ひろいは、とにかく、さちこに遊んでもらいたい。
でも・・・さちこにとっては大迷惑。
「遊んで、遊んで」が嵩じて、顔や耳をガブガブかみつきまくるひろいに、
「いーかげんにしてちょうだい!」と怒りながら、
手加減していたさちこ。
ご苦労さまでした。

b0075229_15373089.jpg

ひろい「おばちゃんのしっぽ、おもしろ~い」

b0075229_15375183.jpg

ひろい「猫ぱんちしちゃおっかな~」
(*ひろいの手に注目して見て下さい)

b0075229_15495532.jpg

ひろい「おばちゃん、おばちゃん~!ガブガブ

b0075229_15501234.jpg

ひろい「ね~!遊んで~!」 猫ぱ~んち

b0075229_15502593.jpg

ひろい しつこく ガブ!おまけに ケリケリ

b0075229_15504547.jpg

さちこ 「い~かげんにして! 怒るよ、私だって!」
[PR]
by kishibojinn | 2007-09-02 15:37 | ねこ

お嫁に行きました ひろい

猛暑もなんとかやわらぎ、今日は9月1日。
ひろいは、午前中に最終の健康診断を受けて、
お昼過ぎにIさんのお家へ行きました。
先住猫さんと共に住めるようなら、Iさんの家の子になります。

b0075229_19322650.jpg

毎週、約100グラムずつ体重が増え、
今日は、とうとう1キロの大台にのったひろいです。
「ぶちゃかわ」と言われているんですけど・・・
「ぶちゃかわ」って何???
おかあさんに聞いたら、「いいの、ひろいは。美猫じゃないとこが、かわいいの」って。
よく、わかんない。
Iさんのおうちには、チャンプちゃんという、おじちゃん猫がいるんだって。
遊んでくれるかな~?

b0075229_19384385.jpg

ひろいは、
何でも遊び道具なの。
これは、何かな~?

b0075229_19404117.jpg

ベッドで眠るひろい。
隣りにおかあさんがいると、安心~!
[PR]
by kishibojinn | 2007-09-01 19:43 | ねこ



犬一匹と猫12匹の楽しい暮らしぶり
カテゴリ
全体
ねこ
うさぎ
その他
動物いろいろ

自然

料理
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
おともだちリンク
最新のトラックバック
どんぐり
from 杏日記
湖東三山秘仏本尊ご開帳
from ぶらり旅
瓜実条虫
from 猫生活?
室内飼いの猫(ネコ)
from ブログで情報収集!Blog-..
熊野三山
from 世界遺産の旅
安楽死?
from 杏日記
真実を知って下さい!(2..
from ジャック et 叶恵
殺処分方法の改善を!(署..
from ジャック et 叶恵
無知の罪
from 杏日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧