うさにゃん日記

<   2009年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

疲れました…

ボンの具合が悪いので、(ねこ小屋は暖房がありませんから)
ねこ小屋から、私の寝室へ移しました。
そして、今日、ボンの食欲がかなり戻ったので、
ねこ小屋に帰しました。

私の寝室に置かれたさちこのケージに入れておいたのですが、
さちことしては、
「どーして、わたしのケージにヘンなおじちゃんがいるの?」と許しがたい気持ちだったようです。

夜中の3時半から
「おかーさん、ヘンなおじちゃんがいるの」
「あ~、わかったわかった」

30分後
「おかーさん、ヘンなおじちゃんがいるの」
「あ~、わかったわかった」

というのを、起床時間の6時まで30分おきにやられました。
ボンが来てから、この状態がずっと(3日間)続いたのですから、さすがに疲れました。

さちこは、食欲も激減。
もともと、小食の子でしたが、ほとんど拒食状態となってしまい、
早くボンが元気にならないと、さちこが病院へ行かなくてはならなくなってしまう、とビクビクしていました。

今日からは、さちこと二人眠れる…といいのですが。
[PR]
by kishibojinn | 2009-02-26 22:31 | ねこ

大空へ

昨日保護してダンボールへ入れた つぐみちゃん。
あまりにバサバサ音をたてるので、今朝、玄関でふたを開けたら、
飛び出しました。
そして、そのまま、玄関から外へ。
しばらく、桜の枝に止っていましたが、いつしか飛び去っていきました。
無事、春を迎えられたらいいなぁ、と思います。

一方、
ケガをしたボンは、具合が悪くなり、お医者さんへ。
微熱が出ていました。
しばらく、通院しなくてはいけません。
点滴のおかげで、ごはんは食べられるようになりましたが。
あ~、また、治療費が~!!!
[PR]
by kishibojinn | 2009-02-23 22:03 | 動物いろいろ

誰でしょう?

b0075229_17314277.jpg

ぶち が転がしてました。
あなたは、誰?
明日まで生きていたら、野性動物をみてくれる獣医さんに連れていってあげますが…。
何を食べるの?
…って、あなたが誰かわからなくては、どうしようもないじゃないですか。
くちばしに、くちなしの実をついばんだものがついてましたから、
夢中で食べていたときに、襲われたんでしょうか。
ぶちにやられるなんて、トロいと思うよ。
野鳥図鑑で調べても、よくわからなくて、困っています。
[PR]
by kishibojinn | 2009-02-22 17:31 | 動物いろいろ

またか…

今日、お昼近くに、
お寺で働いてくれているIさんから、電話があり、
「ぼんちゃんが血だらけになって、本堂のところに来てますが…」
はぁ?
またケンカか…。
見に行くと、耳から首にかけて血が出て、
ぐったりしているぼんが、本堂の回廊にいました。
「様子がおかしいですねぇ」
「じ~っとしているところがヘンですよねぇ」
とIさんと言い合って、とりあえず、血で汚れていたので、暖かいお湯で体を洗い
(ぼんちゃんは、洗われるのは平気)
土曜日午後も診療している獣医さんへ行ってきました。
抗生剤と、インターフェロン(気休めではあっても)を打って、
とりあえず、様子を見ることに。
痛がっていた体の右側に、しっかりかみ傷がありましたし、
耳にも傷がありました。
誰とやったのよ、誰と!
たぶん、最近、お寺の中をウロチョロしている新顔のうちの一匹だろうと思いますが。
吉次郎もバトルして、予防接種延期となったのに、
ぼんも、予防接種延期…。
お庭に出すことをやめれば、いいのです。
しか~し…お庭で自由にしていた子が、
監禁状態の上に、相性が悪い子と同居というのは、非常に困難です。
でも、外に出さなければ、、エイズの心配はなくなります。
エイズは予防する方法がありませんから…。
いいかげん、完全室内飼いにすべき時期なのかもしれません。
[PR]
by kishibojinn | 2009-02-21 20:49 | ねこ

サーティーンちゃん、逃亡!

今日、約束した時間に電話したら、先生が、
「男の子だったよ~、しかも、去勢済み!」
はぁぁぁぁ~っ???
すぐにも退院できるよ、ということで迎えに行きました。
先生曰く。
「女の子で、子どもがいたら本当に嫌だったけど…産み月だったら、子猫を殺すことだしねぇ…。本当に、良かった」

現時点では、エイズも白血病もマイナス。
子どもがいるとしか見えないほど、プックラしていましたし、
毛並みもつやつやでしたから…
どこかの飼い猫(外猫?それともお出入り自由猫?)かもしれません。
ごはんも、ほんの少ししか口をつけないので、
どこかで食べているのかなぁ、と不思議に思っていました。

4種混合ワクチン第一回目を打ってもらい、
第二回目は3週間以上経ってからね、という定石どおりの指導でしたが、
3週間後に捕獲できる自信もなかったので、
そのまま隔離スペースで3週間過ごしてもらおう、と
昨日大掃除して塩素消毒もした、かつての、まろの居住スペースに入れました。

そうしたら、すごい物音が!
中に入れたキャリーを蹴り倒した音だったのですが、
びっくりした私があわてて扉を開けたとたん、
サーティーンが逃走しました。
それでなくとも、見知らぬ場所に閉じ込められた、という状況の中、
大きな物音に驚いたサーティーンちゃんは、パニック状態だったんでしょうね。
こちらも、
「何がなんでもその場所で保護」という気力が萎え、隙だらけだったんだと思います。

あ~、脱力です。
サーティーンちゃんとは、もう会えないかも…。

でも、くよくよしてはいられません。
またまた、新顔がチョロチョロしているんです。
この子は、ごはんがほしくて来ているようです。
見たところ、まだ1歳にならないような小柄な男の子…だと思います。
気を取り直して、近いうちに捕獲、去勢しなくてはいけない、と思っています。

ごはんをやるなら、「ごはんだけやり」じゃまずいですから。
[PR]
by kishibojinn | 2009-02-16 20:19 | ねこ

手作り爪とぎ

b0075229_14272683.jpg

いただいた 手作り爪とぎです。
うれしー!
さっそく猫部屋で使わせてもらうことにしました。
使い初めは、ダスターがしました。

猫缶も、ヒト用オニオンスープまでいただいてしまい…
またしても わらしべ長者となっています。
なんか、悪徳商法の女?みたいな気がしてきました。
[PR]
by kishibojinn | 2009-02-14 14:27 | その他

友チョコ

b0075229_1454760.jpg

手作りチョコとクッキーの詰め合わせをいただきました。
すごい!
そういえば、友人のお母さまは、お菓子作りの先生だった。
おいし~い!!!
全部食べると病気(糖尿病予備軍)が悪化しそうなので、
仕方なく独り占めはあきらめ、夫と息子にもあげよう…と思いマス。
[PR]
by kishibojinn | 2009-02-14 14:05 | その他

サーティーンちゃん、捕獲!

昨年の12月14日の日記に書いた、
白黒猫のサーティーン(仮名)ちゃん。
今日、捕獲しました!
時々顔を見せていたのですが、
ごはんをあまり食べないし、
居間をのぞきこんで去っていくだけなので、
なかなか捕獲する機会もなく…
ど~しようと思っていたのですけど。

なんと、隣りの私の父母の家に入り込んで、
母から買い物に出かけていた私に、電話がかかってきました。
「かみつかれたり、ひっかかれたりしてケガをしたら大変だから、触らないで」
なんて、とにかく逃がさないようにしてほしい一心で言い、大急ぎで帰宅。

1階の出窓の角で縮こまっているサーティーンちゃんを夫と共に大型キャリーに誘導して
捕獲しました!
その足で地域猫の保護をしている獣医さんへ直行したところ、
そのまま預かりとなりました。

現時点での、感染症の検査。
寄生虫検査とフロントライン投与。
4種混合予防接種。
これは避妊か去勢と共にしてあげたいと思っている、とお願いしてきました。

う~ん。
心配なのは、産気づいて、父母の家へ上がりこんでいたんではないのか?
ということです。
あれこれ考えても仕方がないので、今後どうするかは(原則的にはリリースするしかないでしょうが)、来週そうそう、決めます。
でもまぁ、保護できて良かったです。
[PR]
by kishibojinn | 2009-02-14 00:07 | ねこ

お引越し

b0075229_20455637.jpg

まろ は お家の二階にお引越ししただニャ
これでまろは、お家猫だニャ

汚い写真ですみません。
昨日、200センチのケージを組み立てて、まろをうちの二階に移しました。
廊下の横なので、人が通るとミャーミャー鳴いてますが、
一番上の棚板の上のベッドがいたく気に入り、そこでくつろいでいます。
母親が気づくとヤバいとは思いますが…
とらが鳴いている、と誤魔化しやすいという利点もあります。
今まで暮らしていた時より、スペースは狭くなりましたが、
格段に暖かになりましたし、人が大好きなまろにとっては、
気持ちが落ち着く場所ではないか…と思っています。

散歩はリード付きで、母親の留守にしようと計画中です。
[PR]
by kishibojinn | 2009-02-07 20:45 | ねこ

ケガ猫 続出

昨日、吉次郎の耳の一部が破裂して、膿が出ていました。
きぃ~っ!
また、ボンとケンカしたんだわ。
と怒りつつ、午前中に、獣医さんへ(友人に連れて行ってもらいました)。

連れていってもらっている間に、私はねこ小屋とまろの部屋の掃除をしました。
終わったので、私がまろの部屋から出ようとした時、ぶちがのぞきこんだものですから、
まろは激怒し、部屋から脱走してぶちを襲いました。
まろは、ぶちと取っ組み合いになって、あたり一面にぶちの毛が飛び散り…
私は側にあった庭ほうきで、まろをひっぱたいて両者を引き離しました。
でも、ぶちは、びっこをひいているし、鼻の横もひっかき傷ができている始末。

帰ってきた吉次郎と入れ替わりに、ぶちも、獣医さんへ。
大きなケガではありませんでしたが、「エイズ感染」という可能性も否定できません。

お金はなくなるし、
心配のタネは尽きないし…、本当に困ったものです。

まろは、他の猫に対して、とにかく攻撃的なのです。
大きなケージ(200センチほどの高さがある)を購入したので、まろは、うちの2階でケージ飼いにするしかないなぁ、と思います。
散歩は、胴輪をして連れて歩くしかないか、と考えています。
(甘いかしら?)
[PR]
by kishibojinn | 2009-02-04 22:21 | ねこ



犬一匹と猫12匹の楽しい暮らしぶり
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
おともだちリンク
最新のトラックバック
どんぐり
from 杏日記
湖東三山秘仏本尊ご開帳
from ぶらり旅
瓜実条虫
from 猫生活?
室内飼いの猫(ネコ)
from ブログで情報収集!Blog-..
熊野三山
from 世界遺産の旅
安楽死?
from 杏日記
真実を知って下さい!(2..
from ジャック et 叶恵
殺処分方法の改善を!(署..
from ジャック et 叶恵
無知の罪
from 杏日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧