うさにゃん日記

<   2010年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

とりあえず保護

b0075229_1110110.jpg

とりあえず保護して隔離部屋に入りました。
しろた(白太郎の略のつもり。男の子です)くんです。
頭のてっぺんに微妙なクリーム色の毛があるようですが、全身まっ白。
たぶん、ごはんだけもらっていた半ノラの子なんでしょう。
抱いたらパニックを起こしましたし、キャリーに入れたら大暴れ。
これは、ごはんだけもらっていた人が引っ越して困窮してやってきたのだな、
とわかりました。
ごはんをやる人がいなくなったら、どうなるか…。
また、よそでもらえばいいじゃない。
そう考えるんでしょうね。
残酷なことです。
さて…
様子を見て、健康チェック、去勢、予防接種…とまぁ、これからボチボチやります。
[PR]
by kishibojinn | 2010-03-26 11:10 | ねこ

やった~!!!

どんどん元気になっていくぶち。
今日は、ねこじゃらしに夢中になって遊ぶほどでした。
そして、
夕方、ごはんを食べてした大の方は、
なんと、ちゃんと固まっていました。
ぶちは、普段からカチカチ状態のものは出ないので、通常の状態のものです。
やった~ !!!
あまりに嬉しくて、その場で獣医さんへ電話して、報告しました。
動物用乳酸菌が、すごく効き目があったのでしょうか。
それとも、食べさせている療法食のおかげでしょうか。
とにかく、このまま衰弱していくしかないのか、と見ていたことがウソのようです。

心配してくださった方々。
励ましてくださった方々。
具体的なアドヴァイスをしてくださった方々。
本当に、本当にありがとうございました。
この状態をキープできるよう、努力したいと思います。
[PR]
by kishibojinn | 2010-03-25 23:10 | ねこ

救えない…

今日、久しぶりに見た。
「おみそ1号」と呼んでいた長毛がはいった白黒のオス猫。
たぶん、白血病かエイズの発症か、あるいは腎不全か。
口内炎がひどいのだと思う。
毛づくろいができなくなったせいだろうと思うが、毛並みがボロボロになっていた。
カリカリが食べられないようなので、
ムース状態の療法食の缶詰を開けて与えた。
でも、ほとんど食べられなかった。

もう一匹。
先週ぐらいから、急に顔を見せるようになった白猫。
これはもう、絶対に捨てられた子だと思う。
私の顔を見ると鳴きながら近寄ってスリスリして、
玄関前で、「お家に入れて~」とアピール。
「ごめんね、飼ってあげられないのよ」
そういって、玄関扉を閉めてしまう自分が悲しい。

救えない…
仕方がないとはいえ、その事実が重い。
[PR]
by kishibojinn | 2010-03-25 00:42 | ねこ

何してるの?

b0075229_019826.jpg

ぶちは、どうやらFIP発症ではなかったようです。
心配いただいた皆さま、
本当にごめんなさい!!!
昨日の診察の結果、乳酸菌サプリ(ビオフェルミンみたいなもの)の処方だけとなりました。

食欲はかなりもどったぶちですが、
一日1、2回の下痢はなかなか止りません。
けっこう食べている分、しっかり出るのが、下痢便なんです。
食物を変えてみないと、なおらないのでは?
ということで、いろいろ療法食サンプルをもらってきましたけど…
まずいらしくて、食べないのです。
鳥をゆがいたものをトッピングしてみたら、とか、焼き魚をトッピングしてみたら、とか。
いろいろやってみたのですが、とにかく「砂かけ」状態で、見向きもしません。

あげくの果てに、
とらおばのお残しをあさりに行く始末です。
(のびあがって顔をつっこんでいるのは、とらおばのごはん皿。)

根負けして、普通のごはんを与えてしまう私も悪いのですけど。
食べたくないもんは、食べたくニャイ!
と療法食をまったく食べないぶちです。
[PR]
by kishibojinn | 2010-03-25 00:19 | ねこ

祝退院 このはな

b0075229_13482713.jpg

昨日のお昼にようやく、退院しました。
大リーグボール養成ギブス(といってわかる人は、トシがバレますな)のような、
ソフトカラーまでつけられて、
このはなは、とっても嫌そうです。
でも、傷口はなんとかふさがりましたし、食欲もなくならず、
帰宅した後も夜鳴きすることもありませんでした。
このまま順調であれば、日曜日か月曜日には抜糸できそうです。
早くカラーがとれる日がきてほしいです。
[PR]
by kishibojinn | 2010-03-24 13:48 |

食べてる!

b0075229_1149128.jpg

昨日から、ぶちの食欲が少しずつ回復。
今朝は、かぶりつきで、ごはんを食べた。
(すごい勢いでたべている様子、ブレでわかりますか?)
食欲増進剤のおかげだろうか?
まだ下痢は続いているし、この状態はほんの数日の夢かもしれないけど…
どうか、食べる意欲が衰えませんように。
口から食べられるうちは、大丈夫だから…。

どうか、FIP発症ではありませんように。
[PR]
by kishibojinn | 2010-03-19 11:49 | ねこ

このはな 再入院

ぶちのことで苦悩が深まる中、
このはなのことでも、実は困ったことが起こっていました。
このはなの縫合した皮膚の一部が、どうしてもつかなくて、再度縫合手術となったのです。
そのうえ、縫合したのちに、膿んでしまうという事態が起こりました。
ゲンタシン軟膏(化膿止め)をぬろうとしても悲鳴をあげてさわらせないので、
「これは変だ」と思った翌日、
朝の散歩から帰ったら、「血がついている!なんか体液ももれてる!」
という恐ろしい事態に。
びっくりして、電話して、休診日だったですが、診てもらったところ…
「傷口が開いたということではなく、膿んでいる」
ということがわかり、再度入院となりました。

く~っ!!!
ぶちのことで精神的にけっこう追い詰められた気分でいるのに、
このはなまで!!!

ついでに、医療費が家計を直撃。
私のお小遣いでどうなるものではなく、貯金まで手をつけてます。
さすがの私も食欲減退。
何を食べてもおいしくありません…。
[PR]
by kishibojinn | 2010-03-19 11:46 |

どれぐらいの時間があるのか

確定診断、とはいえませんが、
ぶちは、FIPドライタイプの発症だと思われます。
つまり、
現在、確立した有効な治療方法はありません。
どこまで、
何をするのか…
でも、何をするにしても、
「単に苦しみを長引かせるだけ」ということになる可能性はあります。
悩ましいところです。

それにしても、
お腹がすいても、全然食べられないというのは、
どんな気持ちでしょうか。
それとも、お腹自体、もう空かないんでしょうか。

どんどんやせて、
どんどん衰弱して、
私の前から立ち去っていくだろう、ぶち。

せつないです。
仕方がないことですけれども。
[PR]
by kishibojinn | 2010-03-16 23:13 | ねこ

生きてほしい

b0075229_1535278.jpg

先週半ばに、急に具合が悪くなったぶち。
あれこれ検査をするものの、原因はわからない。
やまない下痢、そして完全に食べられない状況。
もっと高齢なら、これも寿命か、とも思えるけれど…。
今年、まだシニアの入り口の7歳になるぐらい。
まだ生きてほしい。
どうしようかと思ったが、先生の紹介で、岐阜大学の動物病院で診てもらうことにした。
予約がとれたので、紹介状を持って、明日、さっそく岐阜まで出かけてきます!

写真は今日のぶち。
おニューのカエルさんベッドで寝ているところ。
[PR]
by kishibojinn | 2010-03-15 15:35 | ねこ

良いことばかりじゃないけれど…

このはなの検査結果は、
残念ながら、「悪性」と出ました。

でも、
リンパ転移もなかったですし、
すごく早い時期にけっこうごっそり取ってしまったので、
病理の方から「転移は考えられないだろう、予後は良好だろう」
というコメントがありました。

もちろん、
「高齢なこともあり、今後も乳腺腫瘍の発生に注意が必要」
というコメントもありましたから、
手放しで喜んではいけないのでしょうが…
痛い思いをして手術をしたので、
予後の予測が良いもので、
本当に、本当に良かったです。
[PR]
by kishibojinn | 2010-03-03 16:30 |



犬一匹と猫12匹の楽しい暮らしぶり
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
おともだちリンク
最新のトラックバック
どんぐり
from 杏日記
湖東三山秘仏本尊ご開帳
from ぶらり旅
瓜実条虫
from 猫生活?
室内飼いの猫(ネコ)
from ブログで情報収集!Blog-..
熊野三山
from 世界遺産の旅
安楽死?
from 杏日記
真実を知って下さい!(2..
from ジャック et 叶恵
殺処分方法の改善を!(署..
from ジャック et 叶恵
無知の罪
from 杏日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧