うさにゃん日記

戦い済んで

b0075229_23511026.jpg

今日、ワンコが家にやって来る…
もうそれだけで、朝からソワソワ、ドキドキ…。
ANAの便に乗って、夜、中部国際空港に到着する、というので、
夕方、車に乗って、出かけた。
何も問題がなければ、1時間ほどで家から空港まで行けるのだが、
事故渋滞にあったりしたら、2時間半以上かかった…ということも聞いていたので、余裕を持って出かけたのである。
実は、私、中部国際空港へ行くのは初めて。
ついでに、夕食でも食べていこう、と思ったのである。

一人で大丈夫か、ナビだけでたどりつけるのか…と
方向音痴の私はとても不安だったので、
友人のNさんに「ごはんご馳走するから」と頼み込み、
行きは自分で運転していった。
雨はけっこう降っていて視界は悪いし、夕方から夜にかけて走ったことがない道だったので、
「頼みの綱はNさん」とばかりにお願いしてしまったのだが…。

乗客ではなく、ワンコは貨物扱いなので、貨物専用のターミナルに行かなければならない。
でも、初めてだとわかりづらい場所だったし、
はたして独力でたどりつけるのか、ものすごく不安だったものだから、
結局、Nさんに運転してもらい、貨物受け取り場所へ行く。

すると…
「どうしてなのかわからないんですけど、犬がキャリーから出てしまっているんです」
「キャリーの扉が内側に入ってしまっていて…」
とのこと。
「???」
「網をかけてありますから、そこからは出ていませんが、出しますか?」
「いえ、私、里親なので、初めて会う子なんです。それは困ります。」
というやりとりがあり、カーゴのお兄さんが二人がかりで車の後ろの荷物スペースに乗せてくれた。

要するに、
キャリーなど入ったことも、そういうものに入って移動したこともなかったのだろうと思う。
もう、死に物狂いでキャリーをかじり、扉をはずしてしまったのである。
もちろん、車の中でもパニック状態。
網とケージに頭がはさまって、窒息するのでは?
あまりのパニックに死んでしまうのでは?とこちらは気が気ではない。
帰宅するまで、その状態は続き、
私は後ろの座席で、後部荷物スペースの方を振り向いた状態で、
「大丈夫だから。もうすぐだから。」と
網ごしにワンコをなでたり、トントンしたり…。
正直、一人だったら、絶対に乗り切れないような事態だった。
(運転してくれたNさん、本当にありがとうございました)

家の玄関に入れて、網をはずして見たら、キャリーの扉部分は、見事に噛み壊されていた。
[PR]
by kishibojinn | 2010-02-01 23:51 |
<< ぐっすり眠って 30万分の一 >>



犬一匹と猫12匹の楽しい暮らしぶり
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
おともだちリンク
最新のトラックバック
どんぐり
from 杏日記
湖東三山秘仏本尊ご開帳
from ぶらり旅
瓜実条虫
from 猫生活?
室内飼いの猫(ネコ)
from ブログで情報収集!Blog-..
熊野三山
from 世界遺産の旅
安楽死?
from 杏日記
真実を知って下さい!(2..
from ジャック et 叶恵
殺処分方法の改善を!(署..
from ジャック et 叶恵
無知の罪
from 杏日記
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧